ちょっとビターな大人の味!ほろ苦青春日本映画10選

オトナハイチュウなるものが発売されました。そのお味はビターオレンジ味だそうです。ハイチュウに限らず大人向けのスイーツはちょっとビターと相場が決まってます。そうです。大人の世界は「苦い」のです。
だから子供から大人になっていく青春期はほろ苦なのです。夢に向ってキラキラ輝いたり、好きな人が出来てキュンキュンするのも青春だけど、初めて挫折を味わったり、失恋を経験して傷を負いながら少しずつ成長するのが青春!そんなほろ苦青春映画を集めてみました。

10位
色即ぜねれいしょん

監督:田口トモロヲ
出演:渡辺大知/峯田和伸/岸田繁

DT系青春映画の真髄!

尊敬してやまないみうらじゅん原作の映画。みうらじゅんって文化系男子のカリスマじゃないですか。僕は一応サッカー部だったけどマインドは文化部なので、みうらじゅんみたいに見た目はダサくても、自分の好きなことをやりまくってる面白い人が大好きです。

そんなみうらじゅんの自伝的小説が原作だっていうもんだから、もっとジメジメしてるかと思ったら案外爽やかでなんかちょっと裏切られた感じです(笑)。でもまあDT(童貞)系という基本路線は外してませんのでご心配なく!

9位
苦役列車

監督:山下敦弘
出演:森山未來/高良健吾/前田敦子

もろ苦青春まっただ中!

タイトルに「苦」の字が入っちゃってる通り、まー苦しいです。ほろ苦どころかもろ苦。極端に苦いけど、でも最後まで観て下さい。多分森山未來が演じる主人公をみんな嫌いになると思いますが、それでも主人公に感情移入して下さい。

愚かなことばかりして、人を傷つけて、友達を失って、家族も彼女もいなくて、金もなくて、仕事もうまくいかなくて、夢も見つからない。楽しいことと言えば読書くらい・・・。辛い青春です。

でも楽しいことが読書しか無いというのは、不幸のように思えるけどつっ走れる可能性もある。イチローが、俺には野球しか無い!って思うのと近いわけです。凄く好きなものが一つでもあるなら、色々持ってるのにどれもこれも凄く好きってわけじゃないって人よりも幸せかもしれないですね。

8位
パッチギ!

監督:井筒和幸
出演:塩谷瞬/高岡蒼佑/沢尻エリカ

俳優に注目しないで作品を観て!

良い映画です。
でも、それはさておき、何はともあれ沢尻エリカが素晴らしい!!いやもっと本音で言うとめちゃくちゃカワイイ!「別に」事件の前にこの作品を観ておいてホントに良かった。純粋にカワイイ人だなーって惚れ惚れできましたから。
今観ると昔はこんなに可愛かったのね・・・って感じなんでしょうね。

それにしても、沢尻エリカ(別に・・)を筆頭として塩谷瞬(二股発覚号泣)も高岡蒼佑(フジテレビ批判)もみんなケチがついちゃいましたね。

映画は良いんですけどね。いやホントに。

7位
リンダ リンダ リンダ

監督:山下敦弘
出演:ペ・ドゥナ/香椎由宇/前田亜季

青春=THE BLUE HEARTS

タイトルで分かる通り、THE BLUE HEARTSです。初対面の人がもし「好きなバンドはTHE BLUE HEARTS」って言ってくれたらそれだけで何か通じ合えた気になります。

THE BLUE HEARTSは、青春特有の溢れ出るエネルギーをどうしようもなく抑えきれない感じ、だけども自分の力が足りないもどかしさ、そういうものをカッコ良く歌ってると思います。この映画もまさにそんな感じ。女子高生がバンド組んでTHE BLUE HEARTSを演奏するって話なんだけど、映画全体がTHE BLUE HEARTSって感じなんだよねえ。

ヒロトの弟の甲本雅裕が出てるところもたまらんです。
70年代生まれの人は必見!

6位
GO

監督:行定勲
出演:窪塚洋介/柴咲コウ/大竹しのぶ

青春が俺は何者かということを問い詰める。

僕も在日の友達はいますが、いたって普通の関係なので在日問題についてはあんまりピンとこないというのが正直なところ。でも在日の人は、血とは何か、国家とは何か、民族とは何かということを深く考えながら大人になっていくんだろうと想像します。
若い頃に国家とか民族に悩んだことは無かったけど、自分は何者なのか、俺とアイツは何が違うのか、自分はどうなりたいのかって悶々と悩んでいたように思います。でも結局答えは見つかってないんですけど。
在日問題がテーマの映画ではあるけど、自分は何者なのか?っていう問いかけは全ての青春な若者に共通の問題なのではないでしょうか。

コメントを残す