全人類に告ぐ!これだけは見ておけ!SF映画トップ10!

サイエンス・フィクション。つまり科学的な創作話のジャンルです。科学の創作話といっても本当は発見してないSTAP細胞を「STAP細胞はあります!」と言い張る類いの創作話じゃありません。ドラえもんのひみつ道具もSFというよりはもはやファンタジー。タイムマシンぐらいであればSFと言えましょう。ということで非常に判定がシビアな世界をお楽しみください。

10位
ブレードランナー


監督:リドリー・スコット

出演:ハリソン・フォード/ルトガー・ハウアー/ショーン・ヤング

好きなSFは?と聞かれたらこれを出せば間違い無し!

フィリップ・K・ディック原作の映画化作品第1弾です。

え、何ですって?フィリップ・K・ディックをご存じない?そうですか。でも心配無用。僕もこのSF映画ランキングを作るためにあれこれ調べてようやく知ったのです。

とはいえ、どうやらSFを語るならフィリップ・K・ディックは外せないようなので、名前くらいは覚えておきましょう。フィリップ・K・ディックはアメリカのSF作家で、彼の作品はたくさん映画化されています。マイノリティ・リポート、トータル・リコールなどの有名な作品も彼の小説が原作なのです。ブレードランナーはそんな数あるフィリップ・K・ディック原作の映画化作品の第1弾目なんですね。

正直、僕はあんまり好きな映画ではないけど、この映画がその後の数多くの作品に影響を与えた偉大な作品であることは間違いないです。SF映画を観ていると、ああブレードランナーがベースだなーって思うことがしばしばあります。なので、人からどんなSFが好きか?って聞かれたら、まずはブレードランナーって答えるようにしましょう。ホントはスターウォーズのほうがダントツ好きだったとしても、ちょっとかっこつけて、ブレードランナーです。

そう答えると、ちょっと知ってる人は、ああフィリップ・K・ディック原作のアレだね、などときり返してくる可能性があります。そこまでいくとおそらく次の質問は「原作読んだ?」です。

そうきても慌てないで下さい。原作なんて読んでなくても良いんです。あなたはSFオタクになる必要なんてないんです。でも大人の最低限のマナーとしてこう答えるようにしましょう。

「ああ、「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」でしょ。読んでないんだけど、読んだの?映画とどっちが面白かった?」

これで及第点です。おそらく相手の答えはこうです。

「・・うん、まあ俺も読んでないんだけどね。」

万が一、相手が原作を読んでいる場合は勝ち誇った顔をされて若干屈辱を感じるかもしれませんが、その時は素直に白旗を上げて原作と映画の違いなどを聞いてフムフムなるほどと相づちを適当にうっておけばいいのです。

9位
her/世界でひとつの彼女

Windowsやアンドロイド相手に失恋する未来を想像できますか?

テレフォンセックスについて考えてみました。ビジュアル無し、接触無しの何が楽しいのかと思ってたけど、相手と直接会ってないから自分を解放できるんでしょうね。だから例えば、猫の死骸で首を絞められながらするのが好きというとんでもない性癖を持っている人にとったらテレフォンセックスは最高のツールなんでしょうなあ。

何の話だよ?例えの性癖は一体なんなんだと思いますよね。いや、この映画のお話なんです。わたくし、テレフォンセックスについて興味もございませんし、とんでもない性癖があるわけでもありません。テレフォンセックスの映画なのか?と尋ねられたら、誤解を恐れず「そうだ」と答えます。そんな映画が果たしてSFなんでしょうか?これもギリギリですが「そうだ」と答えます。それで結局この映画は面白いのか?と聞かれれば「微妙だ」と答えるでしょう。

8位
インターステラー

ちょっと大人なアルマゲドン!

管理職になった時の研修で、「あまりにも高すぎる目標設定はモチベーションを低下させる」と教わりました。ま、教わるまでもなく何となく分かっていたことだったけど、非常に共感出来ますね。僕が所属していた高校の弱小サッカー部の目標は地区予選を勝ち抜いて都大会に出ることでした。もし監督が、都大会に出るか出ないかでもがいている僕らに 「目標は全国制覇」と言ったらシラケたと思うんですよね。まあ、若いんだからそれくらい夢や希望を持てよと言うかもしれないけど、たいていの人はそんなもんだと思います。稀に小さい頃からとてつもなく高い目標設定をして、それをかなえる人がいます。それがイチローとか本田圭佑とかそういう類いの人です。この映画はそのイチローや本田圭佑を遥かに凌ぐハートの強さを持った奴らの物語です。

人類を救う為にほんのわずかな可能性にかけてとてつもないチャレンジをします。目の前のハードルを越えたって、その先にもっと高いハードルがいっぱい待ち受けている ので、走り出すモチベーションが消え失せるような悪条件が揃ってます。もちろん映画だからちゃんと走り出しますけどね。 大事なのはとにかく目の前のハードルに集中するってことなんだなって思いました。

オクラの収穫を心配していた農家(元パイロットではあるけど)が人類のために頑張るという基本路線は、鉱夫が地球を救うアルマゲドンとほぼ同じですが、相対性理論とかワームホールだとか宇宙用語がふんだんに使われているのでアルマゲドンよりかなり大人な味付けになってます。

7位
インセプション

お願いだからコマよ倒れて!

我らが渡辺謙があのレオ様と共演!などという下世話なことはどうでも良いのです。なんと言ってもラストシーンですよ。インセプションを見たことがある仲間 とラストシーンについて大いに語りましょう。結局どっちだったのみたいな話で盛り上がろうじゃありませんか。いやー、今ここで僕の見解を書いてしまいたいくらいなんだけど、さすがにオチを書いちゃうネタバレはマナー違反を通り越して暴力だと思うのでやめておきます。

この映画は、夢から覚めたらまだ夢だったみたいな、夢と現実がごっちゃになっちゃいそうなお話なんですが、誰しも一度くらいは自分の人生ってながーい夢なんじゃないか?ハイスクール!奇面組(知らない若者はwiki参照のこと)の夢オチみたいなことになってるなじゃないか?って考えたことがあるはず。

実際のところはどうなんでしょうねー。思いっきり人生を駆け抜けたら最後に分かるんでしょうね。

・・・って、インセプションがほとんど関係なくなっちゃいましたね。もうそれくらいオチについて話せないなら、何も語れなくなっちゃうような映画なんです。ともあれ面白いです。

6位
バック・トゥ・ザ・フューチャーPART2

バック・トゥ・ザ・フューチャーの未来はもはや過去!

シリーズものはたいてい1作目が一番良いもんです。ジョーズしかり、エイリアンしかり。でもバック・トゥ・ザ・フューチャーに限っては2作目が一番です。何故なら舞台が未来だからです。ワクワクするドラえもんの道具の一歩手前みたいな道具がいっぱい出てきます。空飛ぶスケボーとか3Dの広告とかにワクワクしたもんです。それと技術の進歩だけじゃなくて、「ポケットを外にたらす」という流行まで描いているのも良いですね。ファッションの流行ってその時代でなければバカバカしいものばかりということがよく分かります。

当時、こんな未来が早く来ないかなーなんて思ってたもんですが、なんとこのデロリアン(タイムマシーン)がたどり着いた未来の世界は2015年10月21日なのです。去年のことじゃないですか!現実は全然まだまだ 映画の世界に追いついてないですね。このペースだと22世紀にドラえもんは無理そうだなあ。

コメントを残す