世界よ、これが日本だ!ジャパニメーション名作10選!

経済産業省が進めるクールジャパン政策の目玉はジャパニメーションです。日本はこれからアニメで食べていこうとしているのです。ディズニー、ピクサーがなんぼのもんですかと。ウチには宮崎駿、新海誠、細田守・・そうそうたる巨匠がずらっといるのですよ。アニメってオタクでしょとか、子供が観るものでしょとか上から目線のあなた!このランキングの映画を観て反省して下さい。そして日本にはアニメがあると胸をはろうじゃあーりませんか!あ、いや、強制はしませんけども。

10位
 GHOST IN THE SHELL ~攻殻機動隊~


監督:押井守
出演:田中敦子/大塚明夫/山寺宏一

ロボットみたいな人間か、人間みたいなロボットか・・・

そんなにアニメに詳しくないもんで、世界に誇るジャパニメーションなどというたいそうなランキングを作るとなると、とりあえずネームバリューがほしいもんです。さすがにジブリ作品でランキングを埋め尽くしてしまうと、見向きもされないでしょうから。

ということで、本作品はこのランキングに信頼感、僕に安心感を与える作品です。「いやいや攻殻センパイ、ホントなんにもしなくていいですから。座ってくれてるだけで良いんで。」そんな具合です。

・・・まあ、要するにですね。僕はこの映画の良さを熱狂的なファンの半分も理解出来ていないんだと思うのです。なにしろ攻殻機動隊が所属する「9課」を「旧家」だと思っていたくらいですから・・・。なんでSFモノなのに「旧家」に属しているのかと。まさか旧家やら分家やらで財産争いをするわけじゃああるまいな、という具合でした。ということでランクインさせないわけにいかんだろうということでランクインです(苦笑)。

9位
 パプリカ


監督:今敏

出演:林原めぐみ/古谷徹/江守徹

普段はツンツンしても、夢の中ではデレデレなのだ。

監督の今敏(こんさとし)さんは2010年に46歳という若さで亡くなってしまいましたが、日本だけでなく海外からの評価も高いアニメ監督だったそうです。なんでもクリストファー・ノーラン監督にも影響を与えているとか。このパプリカは今敏作品の中でも一番という呼び声も高いので、今敏作品を観たことが無い人は、まずこれを観ることをオススメします。

ちょっとややこしい話なので、一回観ただけでは分からないかもしれない作品だけど、「なんでそうなるの?」とかあんまり難しく考えずに楽しんだら良いと思います。主人公が夢の中だと見た目も性格も全く変わっちゃうツンデレ具合を楽しみましょう。わたくしは、このツンデレ具合と、主人公とおデブの天才研究者との関係がなんともエロい気がしました。

あと印象的なのはエンディング曲のテクノ(平沢進「白虎野の娘」)。軽快でこの映画にピッタリです。

今敏監督はSF作家のフィリップ・K・ディックに影響を受けているそうで、確かにパプリカもブレードランナー(フィリップ・K・ディック原作)っぽいところが出てきます。でもってさらに、レオナルド・ディカプリオの「インセプション」はパプリカをベースにしてるんじゃないか?って思えたりするわけで、SF界っていうのはこうやってバトンが受け継がれているようです。一歩間違えるとパクリなわけですが、自分から認めてしまえばインスパイアされたんだとちょっとカッコつけられます。

8位
 新世紀エヴァンゲリオン劇場版 シト新生


総監修:庵野秀明
出演:緒方恵美/三石琴乃/林原めぐみ

庵野監督、ゴジラはいいから完結編を早く作って!

エヴァンゲリオン大好きでした。といっても好きだったのはテレビ版なんです。毎週30分ずつ大興奮するのが良かったんですね。エヴァの世界を2時間かそこいらにまとめるのはちょっと無理だったみたいです。その後いくつも映画化されたけどどれもテレビの興奮は上回れませんでした。新シリーズのヱヴァンゲリヲンなんて、エとヱ、オとヲの使い分けとか、惣流と式波の違いとか意味あるんですかね・・・。完結編(シン・エヴァンゲリオン)は楽しみではありますが、テレビ版の興奮を超えてくれそうな気はしません。

とは言え、日本を代表するアニメであることは間違いないので、テレビ版の総集編とも言うべき劇場版の第1作目がランクインです。サービスサービス!!

7位
言の葉の庭


監督:新海誠
出演:入野自由/花澤香菜/平野文

東京ノスタルジー。実写よりもリアルな感覚!

京都に引っ越してきて8年経つのですが、僕が育ったのは東京です。地方から東京に出てきた人の郷愁を描いた作品は多いけど、東京育ちの郷愁を描いた作品はあまりみかけないですね。

この映画は決してそういう類いの映画では無いけど、僕にとっては完全に東京ノスタルジー作品でした。新宿御苑、千駄ヶ谷駅、NTTドコモのタワー、新宿駅、総武線・・・。もう僕の思い出そのものです。しかも絵が生半可でなくリアル。夕立のシーンではまるで自分がずぶ濡れになった気がしたし、非常階段で雪野さんが転ぶシーンではいてっ!って声が出そうになりました。ここまできたらもう実写で良いんじゃないか?と思わなくもないけど、やっぱり絵で表現する良さがあるんだろうなー。

淡々と物語は進むけど、採寸シーンが実に官能的です。

めちゃめちゃ丁寧にじっくり手間ひまかけて迎えるクライマックスで思いきり涙腺を開放してください。秦基博がカバーした大江千里のRainも凄くナツメロでノスタルジー!

6位
 AKIRA


監督:大友克洋

出演:岩田光央/佐々木望/小山茉美

何十年経っても色褪せないSFアニメ映画の金字塔!

ジャパニメーションという造語はこのAKIRAが海外で評価されて出来た言葉なんじゃないでしょうか。要するにAKIRAがあるからこのランキングがあるのです。もはや説明不要のSFアニメ映画の金字塔なわけです。僕が観たのは20年以上前になりますが、相当衝撃を受けました。・・・いや、本当に相当衝撃を受けたのですが、内容はあんまり覚えてません。すみません。「色褪せない」と書きましたが、僕の記憶は若干色褪せてしまいました(汗)

アニメ的な賞賛ポイントはよく分からないけど、とにかくアクション、バイオレンス、SFという男の子大好き要素が満載です。原作マンガも読んだ(はず)のですが、確か「風の谷のナウシカ」みたいに原作の方は、映画の続きが描かれていたと思います。高校生だった僕が原作のほうが面白い!!って興奮していた記憶があります。どう面白かったかは全く記憶にないのですが・・・。

ちなみに大友克洋監督は、ジャパニメーションは好きな言葉じゃないらしいです。なんででしょう。日本も外国も関係ないよってことですかね?

コメントを残す