全米が泣いた!おれも泣いた!
泣きたい時にみたい映画10選!

映画の予告編をみてると、全米というのはこぞってよく泣くなあってつくづく思います。でも涙を流して泣くことがストレス解消になるというのは有名な話。そうです!泣くことは恥ずかしいことじゃない!健康のためにも泣きましょう。全米は映画で泣いてストレス解消しているに違いない。ぼくらも全米に負けずに泣きましょう。感動の涙、喜びの涙、悲しみの涙、いっぱい流しましょう。

では、あなたのストレス解消を手伝ってくれる映画をご紹介しす。

10位
告発

実話に基づいたアルカトラズ刑務所の悪夢。こんな地獄には1日だっていられない!

のっけからミスチョイスかも・・と自信をなくしてしまいそうな作品。というのもまあ泣けるには泣けるんだけど、どんなに涙を流してもとてもストレス解消になるとは思えません。どよーんって重ーい気持ちになります。

作品のふれこみも「涙じゃなくて拍手をください!」とのこと。泣いてる場合じゃなかったのね。

軽々しく同情なんてできないくらい悲惨な人生を送った囚人(ケヴィン・ベーコン)が掴み取った小さな勝利がアルカトラズを変えます。映画って主人公に感情移入しながら観ることが多いんだけど、感情移入するのも嫌になるくらい悲惨です。平凡な日々を過ごせるだけで幸せなんですね。

9位
 ブラス! 

監督:マーク・ハーマン
出演:ピート・ポスルスウェイト/ユアン・マクレガー/タラ・フィッツジェラルド

苦境に立たされた炭坑夫ブラスバンドの結束!

告発があまりにも重たい涙だったので、今回はもっと爽やかな涙を流しましょう。これも実話に基づいた物語のようです。イングランド北部の炭坑夫達で構成されるブラスバンドが、苦境を乗り越えてコンクール優勝を目指すというのがあらすじ。

炭坑町が舞台ということで、栄華を極めていたものがどんどん廃れていく雰囲気がぷんぷんで、涙を流すお膳立てはバッチリ。季節で言うとダントツで秋。ついこないだまではしゃいで海パン履いて泳いでいたのに、どんどん寒くなってビーチには誰もいないって状況だけで泣いちゃいそうじゃないですか。いやそんなシーンは無いですよ。例え話です。

そんな物悲しい町を舞台にしてDanny Boyが流れちゃうもんだから、問答無用で泣けます。

それにしても炭坑夫ってどうしてこうもカッコいいんでしょうね。男が憧れる男達です。

8位
 フラガール



監督:李相日

出演:松雪泰子/蒼井優/豊川悦司/富司純子

全米は泣かなかったかもしれないけど俺は泣いた!

ブラス!がイングランドの炭坑の映画なら、こちらは日本の炭坑の映画。しかも炭坑夫じゃなくて、炭坑町に住む女性が頑張るお話。水曜どうでしょうの藤村Dが絶賛していた記憶があります。

苦境に立たされた人達が頑張るという基本路線と、冷めた都会人のフラダンスの先生(松雪泰子)がみんなの熱意によってだんだん変わっていくところも見どころ。

フラガールたちの情熱が町も変えるし、すかした東京の先生も変える!

全米が泣いてないじゃんなんて言いっこなしで!

7位
 ロレンツォのオイル/命の詩



監督:ジョージ・ミラー

出演:ニック・ノルティ/スーザン・サランドン/ピーター・ユスチノフ

子供に対する親の愛情が起こした奇跡!

治療法が見つかっていない副腎白質ジストロフィーという難病にかかってしまった息子のために、ありとあらゆる努力をし尽くして病気と闘っていく家族の姿を描いた映画です。これもまた実話に基づいて作られています。ここまでの作品全て実話をベースにしてますね。

僕たち夫婦には子供はいませんが、愛する人が難病にかかった時、人はこんなに強くなれるものでしょうか。嘆き悲しんでオロオロしながら医者にすがってる自分が想像出来るなあ。僕は特に信仰は持っていないけど、聖書の言葉で

「神はそれを乗り越えられる者にしか試練を与えない」

という言葉があるそうです。アメリカの映画だけあってそんなメッセージを強く感じます。

試練は乗り越えないと死んじゃうのです・・・。生きていくには力を合わせて試練を乗り越えるしか無い。乗り越えられるかどうかじゃなくて乗り越えるしかないんですね。

6位
 チャンプ



監督:フランコ・ゼフィレッリ

出演:ジョン・ボイド/リッキー・シュローダー/フェイ・ダナウェイ

息子にとって父は「パパ」じゃなくて「チャンプ」なのです!

7位までは全て実話ベースの作品でしたが、この作品はフィクションです(のはず)。この映画は1979年製作のジョン・ボイド主演で、1931年の映画のリメイクなんだそうです。オリジナルは観てないのでどっちが泣けるか分かりませんが少なくとも本作品は涙が出過ぎて喉が渇くくらい泣けます。

20年以上も前に観たけど、当時号泣したことを今でも覚えてます。

涙キーワードは「親子」「再起」「スポーツ(ボクシング)」。どうですか。

泣けそうでしょう。さらに強力な根拠をお伝えしましょう。カリフォルニア大学バークレー校心理学科の研究結果によれば、最も確実に泣ける映画(2011年時点で)1位がこのチャンプなんだそうです。

コメントを残す