2016年を代表する映画はこれ!
2016年公開映画ベスト11

映画ランキングサイトCHANNELCINEMA.COMの管理人のドミノが2016年に映画館で観た映画のランキングです。ベスト11というとサッカーみたいだけど中途半端にベスト11になった理由は、単純に僕が今年劇場で観た映画が11作品というだけのことです。要するに僕が観たというだけでベスト11にノミネートされます。僕が見ていないというだけで落選です。そんな激しく偏ったランキングですが何かの参考にしていただければ嬉しいです。

11位
 ディストラクション・ベイビーズ


監督:真利子哲也
出演:柳楽優弥/菅田将暉/小松菜奈/村上虹郎

勝ち逃げは許さねえ!

柳楽優弥出演作品のランキングを作るために観に行った作品です。半年以上経つけど映画を観た後の衝撃をよく覚えています。・・・つまらなすぎたから。ひたすらケンカする映画です。ケンカの理由なし。あるのかもしれなけど少なくとも僕には分かりませんでした。
ケンカの相手も無差別で、強そうな相手を見つけてケンカを売ってとにかく勝つまで戦い続けるっていうスタイル。主人公はめちゃくちゃ強いってわけじゃなくて、とにかく何度倒されても相手に挑み続ける。
ん?こう書いてみるとちょっと良い映画だったかな?
いやいやそんなことないと思います。結構残念でした。

ついでに言うと映画館も残念でした。京都シネマというミニシアターで観たのですが、スクリーンが本当にミニ。お金持ちのお家だったらこれくらいのサイズのテレビが置いてあるんじゃないか?というくらい小さく感じました。シネコンでも小さいスクリーンの劇場だとがっかりしてしまいます。やっぱり映画はでっかいスクリーンがいいなあ。

10位
 任侠野郎


監督:徳永清孝
出演:蛭子能収/柳楽優弥/トリンドル玲奈/中尾明慶

ヤクザになってもいつもの蛭子さん

ディストラクション・ベイビーズに続いて、これも柳楽優弥の映画ランキングを作るために観に行ったのですが、たまたまその時期に蛭子さんにランキング作成のお願いをしていたこともあり、蛭子さんの役者っぷりにも期待して観に行きました。

結果、期待通り!蛭子さんはどこへ行っても蛭子さんでした。演技力が高い役者が脇をがっちり固める中で、蛭子さん(とトリンドル玲奈)はあくまで自分を貫いていました。日本刀もクレープも全く似合ってない。そんなものどっかに置いて麻雀牌を握ってくださいよ!って感じです。

そんな違和感を楽しむコメディ映画でした。

9位
 インフェルノ

監督:ロン・ハワード
出演:トム・ハンクス/フェリシティ・ジョーンズ/イルファン・カーン

量より質を・・

ラングドンシリーズはダ・ヴィンチ・コードも天使の悪魔も大好きでした。両方とも原作も読んだし、映画は劇場に観に行きました。で、ラングドンシリーズ第三弾のインフェルノ。下馬評があまりよくないようだけど、ここまでの2つはかなり満足だったので劇場鑑賞しました。

そうですね・・。まあ2時間があっという間に過ぎたのは間違いないです。
でもやっぱり前の2つと比べるとちょっと落ちるかなあ。前2作がキリストの子孫、科学と宗教の対立というテーマだったのに対して、今回のテーマは人口増加問題。ミステリーとしてのスケールがかなりちっちゃくなっちゃってる。
その一方でラングドンが戦う相手の犯罪のスケールは地球規模の殺人計画。ミステリーのスケールと犯罪のスケールが反比例してるんだけど、犯罪の規模を大きくしてもどんどん実感がなくなっちゃうだけで観てるこっちは白けていっちゃうんじゃないかなあ。

8位
バンクシー・ダズ・ニューヨーク


監督:クリス・モーカーベル

ストリート・アートはストリートにあるべきパブリックアート!

ベツレヘムに旅行に行くまでBANKSYというグラフィティアーティストは知りませんでした。
ベツレヘムにはキリストが生まれたと言われている教会があるので、そこが観光のハイライトだと思っていたのですが、実はBANKSYが残したグラフィティがかなりかっこいいということがわかり、キリスト生誕教会よりもBANKSYに期待してベツレヘムを訪れました。
実際、すごく良かったですねえ。すでに塗りつぶされちゃった絵もあったけど、Flower Thrower(火炎瓶を投げている過激派が手にしているものが実は火炎瓶じゃなくて花になっている絵)はかなり感動しました。この絵はパレスチナ自治区のベツレヘムの壁に描かれているから意味があるんですね。この壁を切り取ってニューヨークのギャラリーに置いたら全く意味がないです。

本作品の中でも言われているように、グラフィティはパブリックアート。誰もがタダで鑑賞できるもので、その場所にあることに意味があるんだと思います。BANKSYのクールさとそれに熱狂する人たちの滑稽さに皮肉を感じます・・。

7位
 SALAD DAYS サラダデイズ


監督:スコット・クロフォード
出演:イアン・マッケイ/ヘンリー・ロリンズ/ブライアン・ベイカー

全員STRAIGHT EDGEなら、それはパンクロックじゃなくてモンクロックだ!

学生の頃、ハードコアが大好きでした。STRAIGHT EDGEについても、僕は酒も弱いし、喘息持ちだったのでタバコも吸わないナチュラルSTRAIGHT EDGEだったのでなんとなく共感してました。でももちろん歌詞の意味とかはよく分かってなくて、単に音楽が好きなだけの完全にファッションハードコアでした。

日本のモヤシっ子の僕と違って、ハードコアの本場アメリカで虐げられた人々が社会に対する憤りとかをぶちまけてる姿を想像しながらこの映画を観に行きました。
ところが、DCでは意外にも裕福な人たちがハードコアに走ったらしいです。だからこそSTRAIGHT EDGEという優等生的な考えが生まれたんでしょうね。
当然、そんな優等生になりきれないパンクスも多数。
「全員が酒もタバコもドラッグもやらなかったら、そりゃあパンクロックじゃなくてモンク(坊さん)ロックだろ」
って言葉に妙に納得しました。ああしろ、こうしろと人に指図されるのが嫌な人たちがパンクをしているのに、説教じみた音楽になっていくことに違和感を感じる人も少なからずいたようです。そんな実態がちょっとだけ分かって良かったかな。

あとエモ・コアという言葉がすでに80年代に存在していたということが意外でした。発音はイモ・コア。Eを「エ」と発音するのはローマ字読みなんだなーと一人で感心した次第。

ちなみに封切り2日目で1日1回の上映にもかかわらず観客は僕を含めて3人。全員40代以上のおっさんです。まあそんなもんですかね。

コメントを残す