四十路のおっさんが選ぶ!女子目線の高校生恋愛映画10選!

映画ランキングサイトCHANNELCINEMA.COMの恋愛映画ランキングでは、10代女性からの投票をたくさんいただきます。恋愛映画は女子中高生が大好きなジャンルということでしょう。
四十路を歩むおっさんの僕としては予告編を見ただけでくすぐったくなってしまうような映画ばかりだけど、そんなに良いって声が多いならということで高校生の恋愛映画に絞って色々観てみました。どれもこれも僕の高校時代とはかけ離れているので、SFファンタジーかと思うくらいに現実感が無い作品ばかりですが、気持ちがちょっとだけ若返った気がします。
ランキングノミネートの前提として、
1.高校生の恋愛映画
2.女子目線の映画
3.誰かが死んじゃうとか重病を抱えているみたいな強引な催涙弾を放り込んでくる映画は対象外
4.タイムスリップとかSFファンタジー要素が入った映画は対象外
としました。
ということで、おっさん目線で選んだ女子高校生が主役の恋愛映画ランキングいってみましょう!

10位
 黒崎くんの言いなりになんてならない


監督:月川翔
出演:中島健人/小松菜奈/千葉雄大/高月彩良

逆R18指定映画(大人は鑑賞不可)

この映画はこういう女子中高生をターゲットにした胸キュン恋愛映画の終着点なんじゃないでしょうか。
主人公の地味な女の子が可愛くなって、物凄いイケメン二人と寮で同居して、そのイケメン二人が主人公の女の子を奪い合うという奇跡のようなシチュエーションが幾重にも重なってるんだけど、その辺の奇跡感は単なる前提でしかなくてさらっと流されます。
そこに至る過程はみなさんそれぞれ勝手に想像してくださいって感じ。とにかくどS系のイケメンと王子様系のイケメンが主人公の女の子を好きで、やれ壁ドンだの、やれ頭ぽんぽんだの同居だのって女子中高生向け恋愛映画にありがちなハイライトシーンをてんこ盛りにした感じ。
美男美女が出てればなんでもいいんです。ほぼ女子中高生向けのアダルトビデオの位置付けとお見受けしました。
四十路のおっさんはただただ顔が赤くなるだけで・・・。

どうでもいいけど主役は中島健人なんですね。どう考えても小松菜奈が主役だと思ったけど。

9位
 好きっていいなよ。


監督:日向朝子
出演:川口春奈/福士蒼汰/市川知宏/足立梨花

天文学的な確率に賭ける

確率のことを考えました。
学校で一番人気の男子ということは、少なく見積もって学校に男子が100人いるとして上位1%。そんな人気のある男の子が高校3年間の約1000日で彼女のいない日はどれくらいでしょうね。まあ200日としましょう。そうすると20%
一方の女の子は友達が一人もいない地味な子。
僕の記憶では、男子女子問わずどんなに地味な子でも友達が一人もいなかった同級生は一人もいなかったけど、そんな子も探せばいないことも無いでしょう。
学校に一人だとしてまあこれも1%としましょう。
全校生徒の恋人がいない男女をランダムで無理矢理恋人にするという仕組みがあったとして、この二人が付き合う確率は1%*20%*1%で0.002%です。
あくまで、本人の感情抜きでこの確率です。
実際には一番人気クンは選びたい放題なので、友達が一人もいないくらーい子を選ぶ確率はここからかなり下がるでしょう。天文学的な確率でありえない。
そりゃあ回し蹴りで階段から突き落とすくらいの大逆転の一手でもなけりゃあ無理ですなあ。

8位
今日、恋をはじめます


監督:古澤健
出演:武井咲/松坂桃李/木村文乃

GUCCIも認めた武井咲がブサイク・・?

「プラダを着た悪魔」という映画は、ダサい女性がどんどんお洒落になっていくという映画です。主役はアン・ハサウェイ。序盤の青いセーターを着たアン・ハサウェイはダサいという設定なんだけど、フツーに絶世の美女なので、ちっともダサいという感じがしなかったんですよね。

この「今日、恋をはじめます」も同じ。9位の「好きっていいなよ。」に続いて、クラス一番の地味な女の子が一番人気の男の子とと付き合う映画なんだけど、その地味な女の子を演じるのが武井咲。出だしからめちゃくちゃカワイイです。
一方で松坂桃李は学校イチのイケメンには思えなかったのは男の僻みですかね(笑)
「好きっていいなよ。」も「今日、恋をはじめます」も四十路のおっさんからすれば演じてる役者が違うだけでほぼ同じ映画。リメイクみたいなもんですね。かろうじてこちらの方が役者の演技が恥ずかしくなかったので上ということで。

7位
アオハライド


監督:三木孝浩
出演:本田翼/東出昌大/新川優愛/吉沢亮/藤本泉

漫画を映画にする難しさ

この映画もやっぱり漫画を映画化した作品ですが、今回は地味な女の子が学校イチの池様(ググって調べて使ってみました。最近はイケメンをこう呼ぶらしいです)とつきあう系ではありません。
いくらなんでも本田翼がブサイクとか地味とかは無理があるってもんでしょう。なので、美男美女のお話なので、まあありえない話という感じはしませんでした。
漫画を映画化する場合、いろんなエピソードを2時間にぎゅっと詰めるから展開が早すぎたりするけど、アオハライドはそんなことなかったですね。逆にちょっとまどろっこしかったかな・・。
ちょっと気になって原作を最後の方だけチェックしてみたけど、オチは漫画の方が圧倒的に良かったように思います。やっぱり漫画の映画化って難しいんですね。
ちなみにこのランキングは10作品中9作品が漫画を映画化した作品でした。なんでアニメ化じゃなくて実写化なんですかね。若手俳優を売り出す市場になってるからかな?

6位
ストロボ・エッジ


監督:廣木隆一
出演:福士蒼汰/有村架純/山田裕貴/佐藤ありさ

ストロボを少々焚きすぎか

冷え性の女性は足裏が冷えやすく転倒しやすいんだそうです。有村架純が演じる木下さんは多分冷え性なんじゃないでしょうか。なにしろよく転ぶ。ストロボ・エッジは「転ぶ女」っていう意味なんじゃないかってくらい。
こういう恋愛映画全てに言えることだけど、それはカワイイから許される。ブサイクだったらダサッて笑われて終わりでしょうねえ。もちろん逆にカッコイイからこそ許されることも多々。どS系王子様なんて超絶カッコ良くないと絶対に嫌われますね。
ともあれ有村架純はめちゃくちゃカワイイので当然許されます。

ちなみに「ストロボ・エッジ」は原作者咲坂伊緒さんの造語で、恋をした時の眩しくて強い想い(ストロボ)が胸に突き刺さる感じ(エッジ)をイメージした言葉だそうです。
そうか、分かった。木下さんは冷え性なんじゃなくてストロボがきつすぎて眩しくて転んでたんだな。

コメントを残す