2017上半期映画ランキングベスト11!

2017年も早くも半分が過ぎました。映画ランキングサイトCHANNELCINEMA.COMの管理人として、昨年から出来るだけ多くの映画を劇場で観ようと心がけておりまして、昨年は1年でわずかに11本で終わってしまいましたが、今年は半期で11本とまあそこそこ観れました(映画好きを自称するにはまだまだ少ないと思いますが)。ということで僕が2017年上半期に観た映画のランキングを発表させていただきます。

11位
キングコング:髑髏島の巨神


監督:ジョーダン・ヴォート=ロバーツ
出演:トム・ヒドルストン/サミュエル・L・ジャクソン/ジョン・グッドマン

どんなサブキャラもその人の人生では主役のはずなのに・・

こういうUMA系の映画はどれだけその世界に入り込ませてくれるかが重要だと思ってます。信じられるまでいかなくても「ひょっとしたらあるえるかも」くらいに感じたいものですね。
その辺がちょっと弱かったかなあと思うので残念ながらの最下位です。
正直に告白すると髑髏島に着くまでの序盤のシーンでちょいちょい寝てしまったので、公正な評価ができてないかもしれないけど、髑髏島到着以降の展開に問題なくついていけたので、寝なかったとしてもおそらく順位に影響はないでしょう。

設定は荒唐無稽でもいいんだけど、登場人物は丁寧に描いてほしかったですねえ。自分の隣で仲間が怪物に食べられちゃってるのに、すぐに落ち着きはらった余裕を見せるあたりは「あなたは主役だから絶対助かるんで」って教えられてる感じがしてちょっとしらけちゃいました。まあ現実でもツイてる人はとことんツイてるけど・・・。
唯一の救いは主役とヒロインが恋に落ちないってことですね。仲間がどんどん死んでいって自分もいつ食べられちゃうかわからない状況で恋に落ちてたら、その時点で映画館を出て行ったかもしれません。
あ、ちなみに続編がありそうです。

10位
 ムーンライト


監督:バリー・ジェンキンズ
出演:トレヴァンテ・ローズ/ナオミ・ハリス/マハーシャラ・アリ

ギャングスタが純愛でもいいじゃない

人生の折り返し地点あたりまで生きてきて思うのは、「人は見かけによらぬもの」と言うけれど、結構見かけによるよなあってこと。頑固な人は眉間にしわがよってるし、不平不満を言う人は口がへの字になってるし、温和な人は目尻が下がってる。
しかしながら、だからと言って決めつけるのは良くないというのもわかっております。眉間にしわがあっても柔軟な人はいるし、口をへの字にしてぐっと堪えてる人もいるし、目尻を下げても目の奥が笑っていない人もいる。だからこそやっぱり「人は見かけによらない」ということでいいのでしょう。
ということで筋骨隆々で金のネックレスをぶら下げて金歯をつけた麻薬のディーラーでも純愛を貫く人もいるんですよ。かつその純愛の相手は男という・・・。「人は見かけによらない」にもほどがあるんじゃないかと思いましたが、まあこの広い世界にはそういう人もいるんでしょうね。まだまだ修行が足りませんでした。

9位
 美しい星

=”_blank” rel=”noopener noreferrer”>吉田大八
出演:リリー・フランキー/亀梨和也/橋本愛/中嶋朋子

理解しようとするな!感じるんだ!なんつって・・・。

パンフレットを買うのは基本的にその映画を面白いと思ったからです。この「美しい星」もパンフレットを買いました。でもそれは映画が面白かったからというよりは、よくわからなかったから。こりゃ解説でも読まないと消化不良すぎると思ったからです。
さすが原作が三島由紀夫なだけに難しい映画だなあと思ってパンフレットを買ったのですが、パンフレットを読んでみてどうやら僕の映画リテラシーに問題があるんじゃないかと不安になりました。
吉田大八監督がとあるシーンについて「評価が分かれることを覚悟している」と仰っているのですが、僕はそのシーンが全く心に残らなかったんです。え、そんなシーンあったっけ?という感じ。評価が分かれる以前に良いも悪いも言えないほど記憶にない。
原作の小説が訴えたかったことや、監督が挑戦的なこだわりを持ったシーンを全く理解できていないことがちょっとだけ悲しかったです。
でも一つだけ確かなことはリリー・フランキーと橋本愛の決めポーズは最高に笑えます。作者の意図は汲み取れなくても自分なりに楽しめれば良いんですよ。・・・多分。

8位
ブルーハーツが聴こえる

監督:飯塚健/下山天/井口昇/清水崇/工藤伸一/李相日
出演:尾野真千子/市原隼人/斎藤工/優香/永瀬正敏/豊川悦司

THE BULE HEARTSに対する僕なりの恩返しです

「この世界の片隅に」がクラウドファンディングによって作られたということを知った時に、自分もこの素晴らしい作品の一端をほんのわずかでもいいから担いたかったと後悔しました。1,800円で観られる映画に対して5,000円とか10,000円(場合によってはそれ以上)を払うわけだから、金銭的に損か得かで考えれば損なんだろうけど、精神的に得られたであろうものは大きかったんだろうなと。
世の中が豊かになっていけばそういう方向のお金の使い方が増えていくように思います。
ともかく「この世界の片隅に」へ出資しなかったことを後悔していた矢先に、なんとブルーハーツの映画のクラウドファンディングがあるというじゃないですか。ブルーハーツは僕の人格形成に大きく影響を与えた偉大なバンド(僕自身はちっともパンクな生き方ではありませんが・・・)。そのブルーハーツの映画に参加できる。やるしかないでしょ!
6本の短編が集まったオムニバス形式の映画で、一番安いファンディングがいずれかの作品のエンドロールに名前を載せてもらえるというもので税込5,400円!
出資するぞと意気込んだもののこれ以上の金額は出せません。

さて・・どの作品に出資するか・・。6本の短編はそれぞれブルーハーツの曲がタイトルになってます。
ハンマー(48億のブルース)、人にやさしく、ラブレター、少年の詩、情熱の薔薇(映画タイトルはなぜかジョウネツノバラ)、1001のバイオリンです。
どうやらどれもあんまり曲と映画の内容は関係ないみたい。
僕がファンディングしようとした時点での一番人気は斎藤工主演の「ラブレター」。おそらく斎藤工人気に引っ張られたものと思われます。内容はSFコメディ。SFとコメディか・・。僕のブルーハーツのイメージとはちょっと違う。
曲で言えば初期作品が好きだから、ハンマー、少年の詩だけど・・。
やっぱりブルーハーツは僕にとって本当に大切な存在だから、一番真面目っぽい作品にしよう。
フラガール(この映画大好き)を撮った李相日監督の1001のバイオリンに決定。主演はフラガールにも出てた豊川悦司、テーマは福島原発。ん?原発なら「チェルノブイリ」の方が良かったのでは?と思ったけど、あまりに直接的すぎるか。

本名でファンディングすることも考えましたが、CHANNELCINEMA.COMの名前でファンディングしました。いつの日かDVD化されたらエンドロールをチェックしてみてください。

あ・・、個人的なファンディングの思い入れだけ書きましたが、1001のバイオリンは凄く良い作品でした。三浦貴大の演技力はすごいですね。親の七光りは全然関係なく実力がある人だと思いました。やっぱりこの作品を選んで良かった!他もまあ笑えたり(ハンマー)、芸術的だったり(ジョウネツノバラ)でバリエーション豊かで良かったです。

7位
メッセージ


監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ
出演:エイミー・アダムス/ジェレミー・レナー/フォレスト・ウィテカー

結果を恐れず人生を生き抜け!

結論からすればいい映画だったということになるのですが、それはかなり自分なりの解釈を加えた結果です。僕が感じたこの映画の良さを伝えるにはネタバレしないとかなり難しい。ネタバレなしで説明するとありきたりなSF映画ということになっちゃいそうです。

そこをなんとかネタバレ無しでこの映画の良さを伝えられるようにトライしてみましょう。一言で言うなら人生は結果ではなく過程を楽しむべきってことです。最初にも書いたようにかなり自分なりの解釈なのですが、人生というのは最後は結局みんな死んじゃいますよね。天国に行けるように現世で良い行いをすべきだとか、現世をしっかり生きないと来世はアリンコに生まれ変わっちゃいますよとか、まあ色々な考え方はあるものの基本的には死んだらそこで試合終了ですよというのが人生なのです。

だからと言って、平均約80年の人生をつまらなく生きるのは誰だって嫌なもんです。80年は長いですからね。
では、自分の余命が5年だったらどうでしょう。あと5年しかないんだから思う存分楽しむぞ!という前向きな人もいるでしょうが、中には生きる気力が無くなって何をしても楽しくなくなってしまう人もいるんじゃないでしょうか。
どんなに頑張っても5年後には全て終わってしまうという結果が見えているから。

そういう気持ちになるのは無理もないことだし、多分僕自身もそうなってしまうような気がする。
でも、この映画はそれじゃイカンと言ってくれたような気がしました。
一瞬、一瞬を大切にして、どんな結果が待っていようと今を全力で生きるという生き方があるんですよと言われた気がしました。

しつこいようですが、かなりの自分なりの解釈です。念の為申し添えますとこの映画は思いっきりSF映画です。あんまり深いこと考えずに流れに身をまかせてみてもそこそこ楽しめると思います。
ちょっとだけ映画の内容に触れたことを言うと、モールス信号みたいな音楽がカッコよかったです。

コメントを残す