なんてったって柳楽優弥!
柳楽優弥出演映画ランキングベスト15

テレビドラマの話で恐縮ですが、「ゆとりですがなにか」の柳楽優弥を観てなんとカッコいい人かと衝撃を受けました。つい先日、男が惚れる男の映画ランキングを作りましたが、柳楽優弥はまさに男が惚れる男!

そもそもこのドラマを観るまでは柳楽優弥についてはデビュー作の「誰も知らない」でカンヌ国際映画祭の男優賞をとったというくらいしか知らなくて、昨年末の「ガキ使」で久々にその姿を見かけて、へーもうすっかり大人になったのね、時が流れるのは速いなーなんて思った程度。思えば不思議です。グローバルに華々しくデビューしたのに、今までほとんど見かけなかったのは何故なんでしょう?活動休止でもしてたのかなと思って調べてみると、実は割とコンスタントに映画出演されているようです。ということでTSUTAYAに通って片っ端から観ていきました。
オススメ15作品ということじゃなくて僕が観た映画全部をランキングにしたので、ずばりつまんないのもあります。要注意(笑)
では柳楽優弥出演作品のランキングいってみましょう!

15位
 誰も知らない

監督:是枝裕和
出演:柳楽優弥/北浦愛/木村飛影/YOU

地球規模俳優、柳楽優弥の誕生!

まあ、なにはともあれ柳楽優弥と言えばまずはこれでしょう。当時14歳にしてカンヌ国際映画賞の最優秀主演男優賞を受賞したという記念すべき1作。ランキングのビリということではなく、まずはこれを紹介したかったので15位です。

柳楽作品ランキングを作るにあたってまずはこれを観るべきだろうと思って最初に観ました。柳楽優弥のデビュー作にふさわしい強烈な作品でした。ネグレクトの話だから辛いというのは覚悟してたけど本当に辛かったですね。しかも調べてみるとこの映画のベースになった実際の事件は映画よりもっと辛い事件でした・・・。
主演男優賞をとった柳楽優弥の演技はもちろん素晴らしいんだけど、他の子役の演技も自然な感じで凄く良かったですね。

柳楽優弥がこの作品以降あまり目立った活躍が無かったのは、いきなりカンヌ主演男優賞という重たーい十字架背負っちゃったからじゃないでしょうか。賞を受賞することはもちろん悪いことじゃないけど、もうちょっと大人になってから受賞した方が良かったのかもしれないですね。

14位
 Genius Party


監督:渡辺信一郎他
出演:柳楽優弥/菊地凛子/山口智充

姿は見えなくとも柳楽優弥

なんかあんまり褒めすぎると、いよいよそのけがあるんじゃないかと疑われるかもしれないけど、柳楽優弥はその声も魅力的ですね。ちょっと高めの声なのに太い声が魅力。ということで姿は見えなくとも柳楽優弥を楽しめるに違いない!と期待して臨みました。

この映画は7本のオムニバスアニメ作品。最初から順番に観ていくと「フガフガ」言うだけのキャラクターが出てくる作品もあったりして、これが柳楽優弥の声だったらどうしようと不安になったけど心配無用でした。最後の作品BABY BLUEでしっかり登場します。ちなみにお相手は菊地凛子。グローバル俳優の共演です。内容は・・BABY BLUEを含めてどれもイマイチです。ぐっさんが声優してるデスティックフォーがカワイイキャラクターが出てきて一番面白かったかな。LIMIT CYCLEは苦痛でしかなくて早送りしました・・・。

ということでこの映画が実質的にビリです。

13位
 ディストラクション・ベイビーズ


監督:真利子哲也
出演:柳楽優弥/菅田将暉/小松菜奈/村上虹郎

主役なのにほとんどしゃべらない柳楽優弥!

松山市に行ったことないからよく分からないんだけど、多分松山の人が観たら商店街や港のシーンはどこがロケ地かすぐに分かるんでしょうね。愛媛の方言もよく知らないけど、多分リアリティがある愛媛弁になってるんじゃないですかね。ということで、松山という土地のニオイをヒシヒシと感じる映画でした。
だからといって松山の良い宣伝になっているかというとそんなことは全くなく、もし僕が松山市長だったらこの映画のロケは許可するけど、松山の名前は出さないでってお願いしますね(笑)。

映画のレビューを書くからには、どんなにつまらない映画でも少しでも良いところを見つけてそこを盛ってなんとか褒めたいところなんですが、ここは自分に素直になろうと思います。

ずばり全く面白くなかったです。

途中で「お、そうくるか・・」と思う展開があるにはあるんだけど、どうってことないです。しかも柳楽優弥は主役なのに、まともにしゃべるのは3、4回しかないんです。
何もしゃべらず何をするか?暴力です。ひたすら暴力。理由も分からないから感情移入なんてできやしない。
要するに暴力というのは理解不能ということなんでしょうか。
終始不快。闇金ウシジマくんpart2も相当不快だったけどその何倍も不快。
ちなみに菅田将暉もウシジマくんの時の何倍も不快(笑)

あ、良いところが1コあった。青い作業着で大の字にぶっ倒れて歯を見せて不気味に笑う柳楽優弥が、凶暴化したスティッチ(fromディズニーアニメ)に見えるんです。あーなんかちょっとカワイイなーって。
・・・そんなの良いところでもなんでもないか。

12位
 闇金ウシジマくん Part2


監督:山口雅俊
出演:山田孝之/綾野剛/菅田将暉/柳楽優弥

キモいぜ柳楽優弥

週刊スピリッツは僕の青春時代のバイブルでした。高校の頃は捨てマンガ無しで最初から最後まで全部読んでたなあ。さすがに最近はもう読んでないけど、社会人になってからもしばらくは読んでたのでウシジマくんも当然知ってます。最初の頃はヒドいストーリーの中にもどこか救いがあったような気がしたけど、だんだんエスカレートしていって、想像を遥かに超えるバッドエンディングを迎えるお話が増えていった気がします。

ということでPart1は観てないけど、原作を読んでいるので全く問題なく観れました。マサルの扱いが原作とかなり違ってたけど、まあこれはこれで良いんじゃないですかね。良くも悪くも「胸くそ悪い感」を原作通りしっかり表現出来てます。ジャケットに写ってる登場人物を数えてみると15人。闇金、ヤクザ、ストーカー(これが柳楽優弥)、ホスト・・いろいろなタイプの人間がいますが、全員係わり合いになりたくない人達です。そんな人達ばっかり出てくる映画を観て楽しいわけがないです。よくまあPart2を作ったもんだよホントに。

11位
 戦慄迷宮3D THE SHOCK LABYRINTH


監督:清水崇
出演:柳楽優弥/蓮佛美沙子/勝地涼/前田愛

柳楽優弥でも太るとかっこ悪くなるのです

最後にホラーを観たのはリングだったか呪怨だったか・・。
UFOとか幽霊とかムー系の話は大好きだけども恐がりなのでホラーはほとんど観ません。だから恥ずかしい話、お化け屋敷とかもダメですね。で、お化け屋敷で最恐クラスといえば、富士急ハイランドだと思うんだけど、この映画はその富士急ハイランドのお化け屋敷とのコラボ企画。富士急ハイランドのお化け屋敷が舞台になってます。

あんまりホラーを観ないからこの映画のレベルが高いのか低いのかよく分からないけど、まあそこそこの駄作なんじゃないですかね(失礼)
柳楽優弥もめちゃくちゃ太っててカッコ悪いし、演技も大根の苦味がしました。

だけどもホラーに免疫がないせいか超怖かったです。何が楽しくてこんな映画を観てしまったのか・・・。

10位
爆心 長崎の空


監督:日向寺太郎
出演:北乃きい/稲森いずみ/柳楽優弥/池脇千鶴

柳楽優弥はつなぎが似合う

先日、オバマ大統領が現役のアメリカ大統領としてようやく広島を訪れました。滞在時間わずか50分で、原爆資料館はたったの10分しかいなかったそうですが、それでも数分の予定をはるかに超えた17分のスピーチは心を打たれるものがありました。僕も広島に行ったことはありますが、原爆ドームの前に立った時はアメリカが悪いとか、謝罪してほしいとかそういう気持ちにはならずに、とにかく戦争の悲しみと平和のありがたみを感じました。

長崎にも行ったことがあります。長崎も広島と全く同じ悲しみを抱えているのに、広島に次いで2番目の街だったことと、原爆ドームのような象徴的なものがないこともあって、広島よりも世界的な知名度は低いように思います。現にオバマも長崎には立ち寄りませんでした。世界的には仕方ないことかもしれないけど 、日本人はそれじゃダメです。長崎も忘れちゃいけない。

この映画のタイトルですが「爆心」とあるので、どっぷり原爆のお話かと思いきやそういうわけでもないです。もちろん無関係じゃないんですけど。登場人物みんなが色々な傷を抱えているつらい映画なんだけど、なんとか前を向いていこうとするお話。
唯一柳楽優弥扮する青年だけがどんどんヤバくなっていっちゃったような・・・。

9位
 すべては海になる


監督:山田あかね
出演:佐藤江梨子/柳楽優弥/要潤/安藤サクラ

姉さん、事件です!柳楽優弥がなんか織田裕二みたくなってます!

髪型のせいなのかな?なんか本作では柳楽優弥がふと織田裕二に見える瞬間が多かったです。
いやそんなたいした問題じゃないんだけど、織田裕二の顔ってなんか好きじゃないんですよね。柳楽優弥がカッコイイって思って、このランキングを作り始めたのに、織田裕二に似てることに気付いてしまったのはなんかショック。好きと嫌いは裏表ってことですか・・・。

ついでに言うと佐藤江梨子ってもっとカワイくなかったっけ??やたら口角が下がってて、この人はもしやブサイクな人なのでは?と心配になってしまいました。余計なお世話でしょうが。

ということで主役の二人にはちょっとだけ失望しちゃったけど、チョイ役の吉高由里子が最高でした。次はなんてったって吉高由里子ランキング作ろうかな。

映画そのものは凄く可能性を秘めた作品と言うか・・・。なんか色々な方向にもっと面白くできたんじゃないか?って感じの作品でした。

コメントを残す