2016年流行語大賞筆頭候補!ゲス不倫映画10本

2016年も半分以上過ぎましたが、今年の流行語大賞は「不倫」に決まってしまいそうなくらいにテレビをつければ「不倫」の話ばかりですね。
これだけ不倫の話題で持ちきりになるのは、日本人の不倫願望が強いからなんじゃないかと思います。「不倫はけしからん!」というていだけど、本当は「うらやましい」んじゃないですかね。でも「人の道に外れる」と書いて「不倫」なので、もちろんしちゃダメです。
不倫に対する憧れがある方は、不倫映画でも観てバーチャル体験で我慢しましょう。ということで、不倫をテーマにした映画ランキングです。このランキングの映画を観たらきっと不倫なんてしたくなりますよ・・・。

10位
東京タワー(2004年版)

監督:源孝志
出演:黒木瞳/岡田准一/松本潤/寺島しのぶ

現実離れした設定は、もはやSFファンタジーの領域。

東京タワーと言えばリリー・フランキーの自伝的小説が有名ですが、そっちじゃありません。
リリーさんのほうは小説も映画も最高。こっちは最悪。
ランキング10位ですが、上から10位ということじゃなくて最下位という意味です。不倫映画という括りを外してオールジャンルの映画ランキングでもビリになるんじゃないかってくらいヒドいです。これほどまでに主役の二人の破局を願った恋愛映画はありません。

もう頭の先からつま先までヒドい映画だったけど、まず特筆すべきはその設定ですね。
SFファンタジーかと思うくらい現実感が無いです。
黒木瞳演じる主人公は、超美魔女で、青山のセレクトショップ経営者で、しょっちゅうヨーロッパに買い付けに行って、フランス語堪能。旦那さんはCMプランナー、家は東京タワー近くの250㎡のマンション、愛人は20才年下のイケメンジャニーズな男の子(岡田准一)。イエティかツチノコかってくらいに現実感無いわ。(ま、探せばどこかにいるんでしょうけどね)

この設定に対する不快感は僕のひがみが入ってるとしても、一番居心地を悪くさせてる要因は登場人物の不倫しか描かれてないってことだと思います。ベッキーもゲスもファンキーも、一日中不倫だけしてたわけじゃないですよね。バラエティの司会したり、歌うたったりと、不倫以外の時間は仕事をしてるわけじゃないですか。でも、この映画ではみんなただの「不倫をする人」なんです。日常の人物像が見えて来ない。いや授業や仕事のシーンもあるんだけど、頭の中は不倫のことで頭がいっぱい。
こんな人達に感情移入できないですよ。気持ち悪いったらありゃしない・・・。

9位
エイジ・オブ・イノセンス/汚れなき情事

監督:マーティン・スコセッシ
出演:ダニエル・デイ=ルイス/ミシェル・ファイファー/ウィノナ・ライダー

汚れなき不倫。いや、どろどろに汚れてる気が・・。

自分の奥さんや旦那さん(あるいは彼女や彼氏)が浮気しているとして、浮気相手と体の関係がある場合とない場合はどちらが許せないですか?一般的には体の関係があるほうが許せないですよね。
でも一晩だけの体の関係と、体の関係は無いかわりに何十年も想い続けている関係とどっちが罪が重いでしょう。
多分これ、男でも女でも後者のほうが罪が重いという人が多いんじゃないですかね。
この映画は後者方向の不倫です。汚れなき情事とかイノセンスとか謳ってますけどね、充分汚れてるんじゃないかなー。

ということで、まあ一応純愛系の不倫映画です。初恋の恋人が忘れられない!とかって人には良いのかもしれないです。

8位
危険な情事


監督:エイドリアン・ライン
出演:マイケル・ダグラス/グレン・クローズ/アン・アーチャー

不倫映画史上最強のモンスター登場。

エイジ・オブ・イノセンスは汚れなき情事でしたが、本来情事は汚れてるもんです。危険なもんです。
こっちの情事は超ヤバイです。限りなくホラー映画に近い不倫映画です。

というかそもそもですね、浮気相手のアレックス(グレン・クローズ)が怖すぎる!
豹変する前からです。登場した瞬間から怖いんです。当時は流行してたんだろうけどチリチリパーマで、鬼瓦みたいな顔です。主人公の男友達がアレックスの悩殺視線を「男を殺す視線」と表現するんですが、マジで文字通り殺す視線ですわ。
こういう女性はタイプじゃないとかそういう次元じゃないような気がします。ジェイソンとかフレディとかそういうキャラクターが比較対象なんじゃないでしょうか。

7位
アンナ・カレーニナ(2012年)

監督:ジョー・ライト
出演:キーラ・ナイトレイ/ジュード・ロウ/アーロン・テイラー=ジョンソン

カレーニン家のアンナさんと二人のアレクセイ。

トルストイの長編小説が原作ということもあって、タイトルだけは知っていましたが、不倫のお話とは思いませんでした。
アンナ・カレーニナというのはキーラ・ナイトレイが演じる主人公の名前。アンナはカレーニン伯爵の奥さんです。タイトルが「アンナ」ではなく「アンナ・カレーニナ」だというところがミソですね。アンナはどうしたってどこへ行ったってカレーニンの奥さんなんです。
19世紀ロシアにおいて、離婚は相当タブーなようでなかなかこの「カレーニナ」を「ヴロンスキー(アンナの浮気相手)」に変えることが出来ません。
ちなみに、カレーニン伯爵もヴロンスキー伯爵もファーストネームがアレクセイ。
ヴロンスキーに「アレクセイ」と呼びかける度にカレーニンの顔がちらつかないんでしょうか。日本でも旦那さん(または奥さん)と浮気相手の名前が同じってことはあるんでしょうね。なんかそれって凄く残酷なシチュエーションだと思うなあ・・・。

6位
恋人たちのパレード

監督:フランシス・ローレンス
出演:リース・ウィザースプーン/ロバート・パティンソン/クリストフ・ヴァルツ

あんた、命が惜しくないのか?

世の中には好きになってはいけない人がいます。既婚者です。
好きになった人が既婚者だった場合、たいていの人はそこで恋を諦めるわけですが、どうしても自分を止められない場合に人は不倫に走ることになります(exベッキー)。
でも好きになった相手の伴侶が自分の親友だったらどうですかね?それでも自分を止められない人は少ないと思いますが、まあそういうブレーキパッドが壊れた人もいないこともないか。
では、好きになった相手の伴侶が殺人も厭わないヤバイ人だったらどうですか?それでも止められなかったらそりゃあ本物の愛なんでしょう。なんてったって命がけの恋です。そんな恋が実るのは映画の中だけなんじゃないですかね。ということでそんな向こう見ずな恋のお話です。

コメントを残す