ドゥブロヴニクからモスタル日帰りツアーを予約

城壁を1周してピレ門まで戻ってきました。
城壁から降りてすぐのところにあるフランシスコ会修道院へ。
修道院の中にはヨーロッパで3番目に古い薬局があります。

マラ・ブラーチャ薬局
中国か香港の家族連れが店ごと買い占めるんじゃないかっていうくらいの勢いでクリームやら化粧水やらを爆買いしてました。奥さんも気が向いたらなにか買うつもりだったようですが、あまりの爆買いを目の前にしてお腹いっぱいになっちゃったみたいで結局買いませんでした。
修道院の中庭には昔の薬壷やら絵やらが展示されているちょっとした博物館もあります。有料ですが、ドゥブロヴニクカードで入れるので、ちらっとだけ覗く。
修道院を出るとガイドブックに載っていた台を発見!修道院の壁に付けられている台でここに乗ってTシャツを脱ぐと願いが叶うんだとか。冬なのでさすがにシャツを脱ぐ人はいないだろうけど、はしゃいだ観光客が列をなしているんだろうなと想像してたのに、全く誰も見向きもしてません。本当にコレなのかな?と思うくらい。観光客を引き連れてるガイドも全く紹介していない。オフシーズンだからですかね。
営業してない店も多いし、やっぱりこれはドゥブロヴニクに5日も滞在しても暇を持て余すな。出発前にモンテネグロへの日帰りツアーは予約してたけど、もう1日日帰りツアーを組もう。観光案内所にパンフレットが置いてあったAmicoツアーの事務所に行ってみる。
・・・が、冬季はクローズ・・。マジか。本物のオフシーズンだなあ。他を探そう。すぐに別の小さな旅行代理店を発見。
LEA TRAVEL。モンテネグロツアーを申し込んだ会社でした。
ここで良いか。事務所に入ると女性の受付がいました。半日くらいで行けるワイナリーツアーありますか?
あるにはあるけど車をチャーターしなければいけないらしい。んーオフシーズンの悲しさよ。ずいぶん値段も高かったので、ボスニア・ヘルツェゴビナのモスタルへの日帰りツアーがあるか聞いてみました。ちょうど僕らが行きたかった1月2日は催行されるらしい。
良かった。行きにポチテリという村も寄るみたい。
メジェゴリエ(聖母が出現するといわれているボスニアの村)は寄れる?
んーそこはいかないわね。
まあ良いか、結構安いし。やっぱり日本から予約するより現地の方が安いんだなあ。多分モンテネグロツアーもそうなんでしょうね。
オフシーズンは青空市場も寂しい

コメントを残す