宮下奈都著「太陽のパスタ、豆のスープ」

いやあ・・。つまらなかったです。
なかなか物語が転がっていかなくて、いつになったら面白くなるんだろと思いながら読み進めていったんだけど、結局最後まで何の展開も無く終わってしまいました。辛いことがあった主人公の心の動きを丁寧に描いたということなんだろうけど、丁寧すぎて非常に退屈。
ハリウッド映画みたいに爆弾が爆発したり、怪獣が街で大暴れする必要は無いけど、さすがにお話なんだからもうちょっと展開してくれないと。
結局ウジウジ悩んで大したことはなにもしない主人公のお話です。
ま、女性には多少受けるのかもしれないですね。
この本を面白いという人の意見が聞いてみたいです。
解説には『絶対オモシロイ」と書いてあるけど、その解説もこの本のどこを褒めていいのか分からないから、どこかごまかしている感じでした。

コメントを残す