クロアチア戦@ニュルンベルク

2006年6月17日から6月25日までドイツワールドカップ観戦に行きました。その詳しい旅行記は旅行ブログCHANNELTRAVELにて公開中です。
以下はその旅行で日本対クロアチアを観戦した日の日記です。
試合日:2006年6月18日
大会名:2006FIFA WORLDCUP GERMANY グループリーグ2戦目
スタジアム:NURNBERG Frankenstadion
対戦カード:JAPANvsCROATIA
朝5時30分起床。このZLEEP HOTELは空港にほど近いホテルだけあって、朝の5時から朝食が食べられる。安いホテルなんで質素な朝食だけど、それでもチーズとパンがおいしい。ヨーロッパは乳製品とパンはどこでもおいしいよなー。空港で早めにチェックインして免税店をみながらぶらぶらしてると、HOTELで見かけた黒人グループとばったり会って、むこうも僕を覚えてたらしく挨拶してきた。
外人のこういうフレンドリーなところが大好きだ。今回はお祭りに行くんだしいっぱいいろんな国の人と話そう。この黒人さんはナイジェリア人だそうだ。思わずワールドカップに行くの?って聞いちゃったけど、ナイジェリアは今回出場していないことを思い出し、「ああ、ごめんね」って謝った。でもあちらさんはイマイチ何がごめんねなのか分かってない感じだった。
ニュルンベルクへの飛行機では隣が日本人で色々情報交換させてもらった。その人はマルメにお姉さんが住んでいてマルメをベースにして日本戦を3試合見るんだそうだ。オーストラリア戦の悲劇の体験者の話を聞いていると、だんだんアガってきた。いよいよ今日はクロアチア戦なんだ。

空港のクロアチアサポーター
空港のクロアチアサポーター

ニュルンベルクでは友人Tと「マリティムホテルに10時30分」というおおざっぱな待ち合わせをしていたので、本当に会えるのか?っていう不安も多少あったけど、びっくりするくらいあっさり会えた。学生時代にジョホールバールでフランスワールドカップ第3代表決定戦を見に行った時の「お昼くらいにスタジアムのゴール裏で」っていうかなりアバウトな待ち合わせよりはマシか。だいたいゴール裏って2つあるじゃねーか。って途中で気付いたくらいだからね。そん時もすんなり会えたけど。
ともかく海外での待ち合わせってドキドキも大きいけど、会えた時は妙に嬉しいね。昨日は一人で異国の夜を過ごしただけに余計に嬉しかった。余談だけど、Tに会う直前に大杉蓮とすれ違った。周りに誰もいなかったので写真頼もうかと思ったけど、待ち合わせがあったからスルーしちゃった。もったいない。
Tと会ってからまずはSMILE HOTELへ。このホテルは入り口が雑居ビルみたいな感じでビビったけど、部屋はとてもきれいで大きくて、40歳くらいの夫婦が経営しているアットホームな良いホテルだった。今回の旅行で5カ所のホテルに泊まったけどこのSMILE HOTELが一番良かったな。Tは中学卒業後ブレーメンにサッカー留学してたのでドイツ語がペラペラ。おかげでホテルのロビーで会ったドイツ人とホテルの親父さんとコミュニケーションがとれた。ロビーで会ったドイツ人家族は何故か日本の国旗を持っていて、今日のクロアチア戦を家族で見に行くんだそうだ。親父さんは鉄鋼会社に勤めていて何回か日本にも来たことがあって新日鉄だか日新製鋼だかの大分の工場にも行ったことがあるそうだ。だから今日は日本を応援してくれるとのこと息子さんも「ヤーパン、ヤーパン」言ってくれてる。素直に嬉しいね。
ホテルを出ると玄関のところでクロアチアサポーターの大群に遭遇。僕も日本サポーター丸出しのかっこうをしてたから、サポーターの一人が近づいてきてユニホーム交換を求めてきた。こっちのユニは2002年のオフィシャルもの。対するむこうさんはみるからにバッタもん。どう考えても割に合わないので、マフラー交換することになった。
そのマフラーも随分質に差があったけどまあいいか、って歩き出した途端に思い出した。あのマフラーは友達の結婚式で引き出物にもらったものだった。マズイマズイ。たった今知り合ったばかりのどこの馬の骨ともわからないクロアチア人にあげちゃうわけにはいかない。 すぐに引き返して、日本でもらったバンダナとマフラーを交換してもらうように頼んだ。先方は相当日本マフラーが気に入ったようで、渋っていたうえに酔っぱらってたので「誰かほかの奴からもらえばいいじゃないか」とかありえないこと言ってたけど、しつこく食い下がって返してもらった。大事なものを簡単に渡しちゃうなんてよっぽど興奮してたんだな。反省。 まだキックオフまで3時間以上あったけどトラムに乗ってフランケンシュタディオンへ向かった。

ナチの党大会跡地
ナチの党大会跡地

ニュルンベルクはナチスの党大会が行われていたということでナチの博物館や党大会跡地がスタジアムの側に点在してる。試合までまだ少し時間があったので、党大会跡地でゆっくりしてると、なんとSMAPの香取慎吾がテレビの取材で登場。周りには日本のサポーターがたくさんいたのでちょっとした騒ぎに。
ファンというわけじゃないんだけどとりあえず写真を撮りにいくと、スタッフが邪魔くさそうに取り囲んで「写真撮らないで!!」と怒ってる。はああ?そんなの無理だろ。日本人がいっぱい休んでるところに乗り込んできて写真撮るなだあ?だったらこんなとこ来んな。レポートなんてVIPしか行けないところでいくらでも出来るでしょ。なんかちょっと嫌な気分になったけど、重要な試合の前だけにすぐにどうでもよくなった。周りの日本人も結構冷めるの早かったみたい。まあSMAPファンとドイツまでサッカー見に来るファンはかぶってないんだろうな。
キックオフ2時間前にスタジアムに入ったけど、セキュリティチェックでちょっとしたトラブルが。なんとさっきクロアチアサポーターにもらったマフラーにビール会社のロゴが入っているから持ち込み禁止とのこと。じゃあカバンにしまって外に出さないようにするよって言ったのに、問答無用でゴミ箱に捨てられちゃいました。ええええ、ありえねー。人の思い出あっさり捨てるなよ。お前はゲシュタポか。SMAPに引き続きまたしてもテンションが下がったけど、なにしろ今日はワールドカップ!こんなことで負けちゃいけない。アゲていくぜ!

行け!我らがアレックス!
行け!我らがアレックス!

今日はオーストラリア戦同様にめちゃめちゃ暑い。湿度は低いので日陰に入ると涼しいんだけど、直射日光を浴びると座ってるだけでもすぐに喉が渇く。こりゃ今日も選手は大変だわ。まだまだキックオフに時間があったので、スタジアムの周りを探索してると、地元のニュルンベルクサポーター二人組に声をかけられた。二人ともニュルンベルクの年間シートを持っていたので今日のチケットを優先購入できたそうだ。二人のサポーター仲間にはかなり高額でで今日のチケットを日本人に売った人もいたそうで、日本人はずいぶん金持ちだねって言ってた。根っからのサッカー好きらしく高原のこともよく知っていて、来季はフランクフルトに移籍することや今シーズンあんまり点を穫ってないことも知ってた。別れ際に今日はどっち応援するの?って聞いたら「いや俺たちは面白い試合が見れればどっちでも良い」だって!!リップサービスで日本って言ってくれても良いのにねえ。あまりにも正直な人だ。これがドイツ人なのかな?

君が代斉唱!
君が代斉唱!

15時にいよいよ日本対クロアチアキックオフ!ツートップは柳沢と高原。どっちもたいして好きじゃないけど、ここまで来たら応援するぜ。そして我がレッズからはアレックスがスタメン。日本というよりレッズを代表して頑張れー!試合は序盤やや日本が攻め込むもシュートまでは持ち込めない。だんだんクロアチアがペースを握ってきた。しかもむかつくことにアレックスのサイドを攻めてくんのね。やっぱり弱点って思われてるんだろうね。
なんかまずい雰囲気が続いた20分頃キャプテン宮本が痛恨のPKを与えてしまう。でもこの時はまだ絶望的な気分にはならずに50%くらいは止めてくれるんじゃないかって思ってた。なぜなら日本のキーパーは大舞台に強い川口だから。川口ってJリーグで対戦する時は全然怖くないのね。はっきり言っていつでも点穫っちゃうよって感じだ。でも日本代表のしかもアジアカップとかオリンピックとかになると妙に頼もしいんだよね。で、もちろん結果はみなさんもご存知の通り見事PKストップ!しかもスルナのシュートはかなり良いコースだったのに。やっぱり川口スゲー。その後加地からのバックパスの処理をミスってあわや失点の大チョンボをしてたけど、それでもまだ許す。君が前半のヒーローだ。
前半も30分過ぎになると両チーム疲れが見えだした。この暑さだとしょうがないな。特に福西がつらそうに見えた。福西はオーストラリア戦でも体力的につらそうだったけど、今日も一発でクラニチャルにかわされるシーンが目立った。
稲本出せばいいのになーって思ったら、後半の頭から出てきましたよ。ミスターワールドカップ稲本!奴が出てくるとなんか勝てそうだ。クロアチアもバテバテだ。すると後半5分頃に日本のビッグチャンスが!加地が高原とのワンツーで抜け出して中へシュート気味のパスを折り返す。そこに待っていたのは骨折から奇跡の復活を遂げ、久保は落選したというのにジーコからの信頼が厚く見事ドイツ行きメンバーに滑り込んだ柳沢!!行けー!!・・・あ、外した。おおお、決めてくれよお。って思ったけど、実は現地で見てると加地のボールがかなりシュートみたいな強いボールだったので、ちょっと合わせるのは難しかったかな?って大目に見てた。でも日本に帰ってからビデオを見直したらとんでもないビッグチャンスだったな。今更だけどあれは決めてくれ。今からあのニュルンベルクのスタジアムに戻って柳沢に罵声を浴びせたいくらいだ。
このプレーでさすがのジーコも堪忍袋の緒が切れたのか、柳沢が玉田と交代。クロアチアもバテバテだったので良い交代だと思ったけど、どうにもこうにも玉田はビビってるみたいだった。終了間際にアレックスがペナルティエリア内に切り込んでいったときも相手ディフェンダーの後ろに隠れてた。そうじゃなくて飛び込みなさいよ、あなた。点穫りたいんでしょ!ということで両チームどうしても勝ち点3が欲しかった試合で引き分けてしまった。でも正直言って負けなくて良かったというのも本音だ。いくらワールドカップのブラジル戦とはいえ可能性を残して戦うのと消化試合になるのでは雲泥の差だからねえ。しかも欧州予選を1位で通過した国との引き分けはすごく価値があると思う。それだけに初戦が悔やまれる。まあ振り返ってもしょうがない。3戦目まで楽しめる幸せをかみしめよう。

ニュルンベルクの街並
ニュルンベルクの街並

スタジアムを出るとクロアチアのサポーターの雰囲気はまだ余裕を感じる。どうせオーストラリアに勝って通過できるだろうって思ってるんだろうな。もやもやしつつもワールドカップの余韻に浸りながら歩いているとナチスの博物館の脇のベンチで酔っぱらってるおじいちゃんがドイツ語で「日本人は家に帰れー」って叫んでた。おお怖い。やっぱりあの世代はいまだに外国人が嫌いなんだな。・・・ん?日本とドイツは同盟国じゃないか。まあ良いか来週家に帰るからそれまで我慢してね、おじいちゃん。

教会のふもとでお祭りスタート!
教会のふもとでお祭りスタート!

試合後はホテルで一休みしてから、城壁内の旧市街へ繰り出した。中央広場では日本とクロアチアの両サポーターが一緒になって大騒ぎしてる。僕も日本のユニホームを着ているのでクロアチア人が「ナカータ」って陽気に声をかけてくる。とっさに思い浮かんだクロアチア選手「クラニチャール!」って返したけど、そういえば彼って嫌われてるんだっけ?失敗したかな?
その後何故か、キルトを着たスコットランド人二人組に遭遇。スコットランドは今回出場してないけど、やっぱりワールドカップに来たらしい。二人はけっこう出来上がっていてこれから一緒に飲みに行こうって感じだったけど、丁重に辞退。酔っぱらいの外国人相手にできるほど、こっちも海外慣れしてないしね。でもこれがワールドカップだよなー。4年前は日本でもこういう場所を提供できてたんだろうか?こういう雰囲気を体験するともう一回日本でワールドカップやりたくなる。次はもっと良い大会に出来るはずだ。
その後もぷらぷら街を歩いたけど、もうお店もほとんど閉まってたし、1日の疲れもあったのでホテルでフランス対韓国を観戦。韓国は脅威の粘りでなんとフランスと1−1のドロー。韓国って4年前は日本がトルコに負けた日にイタリアに勝ったし、オーストラリアに逆転負けした次の日にトーゴに逆転勝ちして、クロアチアと悶々としたスコアレスドローの後にフランスと劇的な同点劇を演じる。ほんといっつも日本のちょっと上を行くのな。うらやましいよ。早くその位置に行きたい。

コメントを残す