南アフリカへ

2006年6月17日から6月25日までドイツワールドカップ観戦に行きました。その詳しい旅行記は旅行ブログCHANNELTRAVELにて公開中です。
以下はその旅行の最終日の日記です。
いよいよドイツ最終日。夕方の飛行機で日本へ帰る。今日は朝起きてホテルに荷物を預けてドルトムントへ。おとといは車でスタジアムに行ったのでドルトムントの街を見ていなかったから一目見ておきたかった。広場のカフェで朝食に食べたベーグルが、とても美味しかった。表面はパリパリ中はふっくら。さすが本場のベーグルって思ったけど、ベーグルはドイツが本場じゃないか。朝食を食べて街のスポーツショップでお土産のW杯公式試合球チームガイスト(のレプリカ)を購入。敗退が決まった日本のユニホームも35ユーロで安売りされてたけど、Oサイズしかなかったので断念。今回のユニホームはデザインが受け入れられているのか、結構ドイツ人も日本のユニホームやジャージを着ている人が多くてちょっと嬉しかった。あるいは親善試合でドイツと善戦したから認めてくれたのかな?
そうこうしてるともうお昼が近かったのでTとドルトムントの駅で別れた。Tはこれからブレーメンに戻って夕方のドイツ対スウェーデンを観戦するとのこと。ニュルンベルクの街で待ち合わせて、ドルトムントの駅で「またね」って感じでさらっと別れる。地球が俺たちの庭だぜって感じがかっこいいね。

ボーフムのアイス
Tと別れてボーフムに戻って、街でアイスなんか食べたりしてゆっくり過ごしてからデュッセルドルフの空港へ。デュッセルドルフからフランクフルトへの飛行機は16時55分発。ドイツ対スウェーデンは17時キックオフ。乗客が飛行機に乗り込んで離陸準備をしている間に、ドイツ語で機内アナウンスが流れて、飛行機の中のドイツ人が大喜びした。どうやらドイツが早くも先制したようだ。開始早々すごいなーなんて思ってると、なんともう一回アナウンスが流れ、またしてもドイツ人大喜び。まさかもう2点目?それともこのアナウンスってW杯と全然関係ないこと言ってるのか??ともあれ50分のフライトが終わってフランクフルトに着けばわかる。
フランクフルトに着くとテレビが設置してあるところは全て人だかりが出来ていた。覗いてみるとスコアは2-0でドイツリード。やっぱりさっきのアナウンスは得点経過だったみたい。でもなんだかテレビを見てる人たちの表情が険しい。なんでだろって画面を見てみるとなんとスウェーデンのラーションがPKを蹴る直前だった。みんな固唾をのんで見守ってる中、ラーションが蹴った。ボールは枠を外れる。空港中大騒ぎ。いやー最後の最後までワールドカップだなー。
フランクフルトから成田への道のりはほとんど寝てたけど、映画は一本だけ見た。それは「レアル・ザ・ムービー」。やっぱりワールドカップから帰ってくるお客さんの為に用意したんだろうね。その心配りは嬉しかったんだけど、映画の内容は最悪。期待してたような舞台裏満載のドキュメンタリーじゃなくて、世界中のサッカーにまつわるちょっとした物語がオムニバス形式で展開してその主人公がみんなレアルのファンっていうのが主なあら筋。日本も出てくるけどバカっぽく描かれてます。睡魔と闘って見たのに最後の最後までつまらなかった。やや気落ちした後、機内に置いてあった日本の新聞を読んで、ブラジル戦の後中田英寿が泣いていたことを知った。そして次の代表監督はオシムが最有力候補だということも。もう既にドイツワールドカップは過去のものになりつつあり、南アフリカワールドカップへの道を切り開こうとしてる。これからの4年間がまた楽しみだ。

コメントを残す