オシム効果炸裂

今日は埼玉スタジアムで珍しいものを見た。
アレックス2ゴール!
まあ、2得点そのものはそんなに珍しくないかもしれないけど、決め方が珍しかった。1点目は右足、2点目は頭。
特に2点目は中央に走りこんで、体を投げ出して頭にあててがむしゃらさが出てて良かった。明らかにオシム日本代表効果じゃないかな。
アレックスだけじゃなくて、オシム代表を経験した選手達はすごく動きが良くてダイレクトのパス回しがよく繋がってた。惜しくも代表落ちしている小野も、代表落選をポジティブに発奮材料にしてる感じで、随所に効いてるプレーを連発。

今日は5万人超え
対するFC東京は得点王のルーカス、オリンピック代表候補の伊野波や増嶋、アテネ組の石川がいて、あとは茂庭と土肥の古井戸組もいる。茂庭はレッズ戦の時はいつもからっきしダメだから、なんでこいつが代表なのかなって思ってたけど、奴の熱い気持ちは認めたい。彼は生涯FC東京を誓っていて、東京をクビになったら現役を引退するそうだ。その後もスタッフとして東京に残って、FC東京に骨を埋める覚悟らしい。今日の試合後も悔しさのあまり、泣いているように見えた。ああいうクラブへの帰属意識が強い選手がいるチームは強いと思う。
だからFC東京は手強い相手になるはずだった。でも今日はレッズが強すぎたね。小野のビューティフル先制弾、アレックス2得点、達也のダメ押しで4−0の完勝。
東京にはどうにも苦手意識があるんだけど、実は直近6試合は5勝、1分。1年以上負けてないのに苦手なイメージがあるのはやっぱり2004年のナビスコ決勝でやられてるからだろうな。2年近く経ってるのに、いまだに嫌な印象を拭えないなんて、やっぱり決勝のダメージってデカい。リーグ戦の勝利10回分くらいあるかもしれない。
でも今日の勝利は大きいぞ。川崎が引き分けてくれたおかげで、首位奪取できたから。リーグ戦折り返し地点でトップ。このまま12月まで突っ走れ。

コメントを残す