さいたまシティカップvsマンチェスターユナイテッド

平日にサッカーを見に行くと仕事の根回し&前後のしわ寄せが激しいので、毎年平日開催のさいたまシティカップは断念することが多い。
今年の対戦相手はマンチェスターユナイテッドだったので、かなりそそられたけど断念してた。
ところが当日になってお客さんから電話が。
「ナ○キの人からSSの招待券もらったけど行きますか?」
仕事のことなんて吹っ飛んで二つ返事でOK。
お客さんからもらったチケットなもんだから、堂々と定時前に
「じゃあサッカー見に行ってきます!」
って感じで出発。埼玉スタジアムで19時のキックオフに余裕で間に合っちゃいました。

vsマンチェスターユナイテッド
机つきの席でした

SSの招待席ってだけあって記者席のすぐ上の机付のすばらしい席。
メインスタンドアッパーなんて久しぶりだなー。
マンUのスタメンは現状のベストメンバー。
フォーメーションは4-2-3-1かな?
GK:ファンデルサール
4バック:エブラ、ヴィディッチ、ファーディナンド、ウェズ・ブラウン
2ボランチ:スコールズ、キャリック
3シャドー:フレッチャー、ギグス、C・ロナウド
1トップ:ルーニー
対するレッズは3-6-1
GK:都築
3バック:ネネ、堀之内、細貝
2ボランチ:長谷部、内舘
サイド:山田、相馬
2シャドー:ポンテ、伸二
1トップ:田中達也
最初の20分間はほとんどマンUがボールをキープ。とにかく速い。パスやドリブルのスピード、プレッシャーをかけるスピード、判断のスピード、全部速い。上手いというよりも速い。
なかでも目立ってたのがルーニー。2年前に来日した時もそうだったけど、プレッシャーをかけに行く迫力がもの凄い。あんなレスラーみたいな体格のスキンヘッドがあのスピードで向かってきたらそりゃ焦るよ。これこそまさにプレッシャー。それと自分が取られたボールは絶対に自分で取り返すって姿勢がイイ。ゴール前の競り合いでとられたボールを70mくらい追っかけてスライディングで奪い返したプレーは感動の域だった。こんなことするのはイングランドでもルーニーだけだと思う。取られたら自分で取り返す。こういうシンプルなことを一流プレーヤーが親善試合で一生懸命やってる姿に心打たれるわけです、ハイ。
一方レッズはマンUのネームバリューにちょっとビビッてる感じだった。Jリーグだと通用するプレーが全然通じない。相馬のシザースも達也のスピードも長谷部のボールキープもあっさり破られる。それでもポンテと伸二のテクニックは結構通用してたし、意外にも?山田もいい線いってた。もともと競り合いには強い選手だけど、エブラとかにも競り合いで勝ってたし、ロナウドのフェイントを何回も止めてた。山田って良くも悪くも相手に合わせられちゃうんでしょうね。
マンUペースで進んでいた前半25分。内舘のブレ球ミドルシュートでレッズ先制!劣勢だったレッズが先制して試合はここから面白くなる。先制して自信を取り戻したレッズがその後何回かいい形を作って前半終了。
後半からレッズはGKを山岸に代えて、内舘OUT平川IN。ボランチの位置に山田が入った。怪我から復帰しつつある平川は最近なかなか良いパフォーマンスを見せているので、山田のポジションも安泰じゃなさそうだ。
マンUは後半から4バックのうち3人を交代。前半よりもフレッチャーがボランチの位置に下がって4-3-2-1の形に。アッパースタンドから俯瞰で見ると、4バック3ボランチ2シャドー1トップの4ラインがきれいに並んでいるのがよく分かった。
後半開始2分でフレッチャーが同点弾。その数分後にギグスの素晴らしいスルーパスからロナウドが俊足平川を振り切ってゴール。盛り上がるスタジアム。やっぱり今日のお客さんのほとんどはマンU目当てなんだな。雨の平日開催にもかかわらず今日の観客数は58,716人。レッズのACLグループリーグ最終戦のシドニーFC戦ですら44,793人だから多分30,000人くらいはマンUがお目当てだと思われる。少なくとも僕の席の周りの8割くらいはマンU側の人間だった。埼スタでの試合なのにレッズの良いプレーにはちっとも沸かない周りの反応がなんだかとっても居心地が悪かった。そもそもなんでレッズがアウェイユニホームなんだと。ってだんだん親善試合の華麗なプレーを楽しむっていうより、勝負に勝ってほしい気持ちが芽生えてきた。
2-1にした時点でノルマ達成と思ったのか、長旅の疲れが出たのかマンUはややペースダウン。その後アラン・スミス、オシェイを投入するもレッズボールの時間帯が長くなり、マンUの攻撃はカウンター気味になった。
残り10分くらいでレッズの速いパス回しから伸二がゴール!!ゴール前で冷静なフェイントで一人かわして最後はやわらかーいインサイドキックで流し込んだ伸二らしいゴール。机付きの非常に紳士的な席にもかかわらず思わず拳を突き上げて立ち上がって喜んだね。お隣は外人さんだったけどこの時ばかりは
「ウマイネー。イイゴールダネ!」って褒めてくれたよ。
(もっともこの外人さんはアンチマンUだったみたいだけど)
結局このまま2-2で試合終了。日韓W杯以降海外のクラブチームがいっぱい来日してるけど、こんなに試合らしい試合を見たのは初めてだなあ。とっても面白い試合だった。イングランドのチームっていうのが良いのかな?いやルーニーが良いんだな。

コメントを残す