アジアカップ準々決勝オーストラリア戦

今日のアジアカップ準々決勝オーストラリア戦はどうしても勝たなきゃいけない試合だった。
ドイツW杯のリベンジということももちろんあるけど、何よりも今日のオーストラリア代表の試合運びは一人のサッカーファンとして到底我慢出来る代物じゃなかったから。
タイラウンドからの移動や試合間隔が日本よりも1日少ないことによるコンディション不良を考えたにしても、日本代表と互角以上の力があるくせに、むっちゃくちゃディフェンシブ。グループリーグのベトナムやカタールと戦ってるのかと思うくらいガチガチに守ってきた。そして切り札のケーヒルとキューウェルを後半途中で投入して攻撃のスイッチをちらっと入れて、得点出来たらそのまま逃げ切る作戦。色々な作戦があって良いんだけどあまりにも策を練りすぎて策に溺れてるんじゃないの?
オーストラリアの個人能力は日本の選手より上だったと思う。一人退場になるまでは、数少ない攻撃のほとんどが日本にとって脅威だったし、キューウェルを入れてからしばらくはオーストラリアペースになった。そしてケーヒルが交代準備を整えてピッチの脇に立っていたCKでオーストラリアが先制。オーストラリアの作戦が見事にはまったと言える瞬間だったわけだけども、そんなにしっかり作戦を実行出来るくらいの力があるんだったら、もっと真っ向勝負して日本をねじふせにいくべきなんじゃないの?W杯の日本のトラウマを利用した作戦なのかもしれないけど、あんなにガチガチに守ってカウンターで逃げ切ったとして日本に勝ったって思えるのか?日本よりも格下のチームならそれで良いんだろうけど、仮にもW杯16強でしょ?もっとガチで来てほしかったよ。
もっとも攻撃に緩急をつけられずに、同じペースで攻め続けた日本も日本で問題だと思う。策に溺れたオーストラリアと愚直に戦いすぎた日本。今日はそんな対照的なチームの試合だった。
アロイージが得点した時はW杯が脳裏をよぎったけど、今日の日本は1年前の日本じゃない。
監督はジーコじゃないし、何より高原が本物のストライカーに成長してる。
オーストラリアの喜びもつかの間、頼れるストライカー高原が同点ゴールを決めた。
その後オーストラリアに退場者が出てますます日本がボールポゼッションを高めたけど、結局勝ち越せずに延長でも決着着かず、PK戦に。
オシムも言ってたけど、えてしてPK戦は良いゲーム運びをしていたチームが負けることが多い。だからPKになったらやばいなーって思ってたけど、日本にはこれまた頼れるGK川口がいる。ホント川口はPKに関しては世界で一番強いんじゃないでしょうか?それくらい頼りになる。
ということで一人目キューウェルと二人目ニールのPKを川口がストップして日本が勝利!!最後のPKキッカーが中澤だったのはとてつもなく不安だったけど、無事決めてくれた。いつもは押され気味だったチームに微笑みがちなサッカーの神様も今日ばかりは
「オーストラリアが上に上がったらいかんだろ」
って思ってくれたんだと思うよ。
今大会最大の難敵オーストラリアを破って大きな山を越えた日本。こういう試合の次の試合はコロっとコケやすいので要注意だ。サウジとウズベキスタンの勝者との準決勝は25日水曜日。集中切らさずに優勝へ突き進め。

1 Comment

  1. PK戦でも勝ちは勝ち〜アジアカップ決勝トーナメント・日本vsオーストラリア@ミーディン国立競技場〜

    いよいよアジアカップはノックアウト方式の決勝トーナメント。初戦の相手がオーストラリアとあって去年のW杯のリベンジを、と日本国内は少々イレ込み気味だけど、個人的に

コメントを残す