なぜにサウジアラビアに負けたのか。

「負けた時こそ自分の考えをマスコミにしっかり話すべきだ。」
と元日本代表主将の井原正巳がかつておっしゃったそうです。
というわけでまだまだ気分が優れませんが、なんでサウジアラビアに負けてしまったのか考えてみましょう。
誰もが思ったことだけども、一番に考えられるのは疲労。
前半20分までは良かった。これまでの試合同様ほぼ半面マッチ。でもそこから急にガス欠になって、一進一退に。
攻撃でも守備でも一対一で負けていたけど、これも技術とか身体能力で負けてるんじゃなくて、体が重くてキレてなかったせいだと思う(思いたい)。
そこで、問題なのはなんで疲労した選手を使うことになってしまったのかということ。
一つはレギュラーとサブの力の差がある(とオシムが思ってる)こと。勝ってるチームはいじるなと言うけども、あれだけ疲れてるなら数人はスタメンを入れ替えられるくらいの層の厚さが欲しい。
もう一つは疲れた状況を不必要に生み出してしまったこと。
これはつまり緒戦のカタール戦ね。ここで勝ちきれなかったのがイタイ。ここできっちり勝っていれば3戦目のベトナム戦は控えの選手を使うことも出来たはず。ドイツW杯で日本と戦ったブラジルのように。そうすれば控え選手の底上げもできたし、レギュラー選手に休みも与えられた。
W杯と違ってアジアカップは日本にとって決勝まで計算すべき大会。6試合をどうこなしていくかを考えないと。グループリーグで全力投球してる場合じゃなかったんだよね。締めるところを締めてテキトーに抜かないと。
とまあ、僕がこういう反省をしてみてもただの結果論だし何のプラスも産みません。ということでちょっと先のことも考えましょう。
土曜日の3位決定戦ですね。
なんだかモチーベーションがダダ下がりの試合だけどもちょこっとだけ意義がある。
一つは次回のアジアカップ予選免除。この試合に勝って3位になると予選免除です。何の強化にもならない弱小国との予選を避けることが出来ます。
もう一つは日韓戦ってこと。親善試合だろうがW杯予選だろうが日韓戦ってだけで燃えるもんです。日本も韓国もさすがに中2日だとかなりメンバーを代えざるを得ないと思うけど、誰が出ても日韓戦。負けちゃダメよ。
日本はどんなメンバーになるんだろ?
個人的にはスタメン全員入れ替えても良いんじゃないかとも思うけど、中澤と高原は外せないかな?あと出来れば川口も入れたい。熱い日韓戦には熱い川口。
フォーメーションはこのまま4-4-2を継続してほしい。
ということでスタメン予想(希望)
GK:川口
DF:駒野、中澤、坪井、今野
MF:橋本、伊野波、太田、水野
FW:高原、佐藤
お、なかなか楽しみになってきたぞ。やっぱり敗戦したときこそきっちり自分の考えをまとめるべきだな。心の整理ができたわ。
ありがとう井原正巳。

コメントを残す