file12:1999-2000年日本代表

FRONT:お腹の下あたりにサイン
BACK:11の左上にサイン
1999年-2000年の日本代表モデルのユニホーム。このモデルからadidasがオフィシャルサプライヤーになった。確かこの頃からレプリカ品と選手支給品と同じ生地で作られてるオーセンティックという2種類のユニホームが販売されることになったんだと思う。だいたい2,3千円の差なんだけどやっぱり熱いファンはオーセンティックが欲しくなるよねえ。でも06のドイツW杯モデルはレプリカのほうがカッコいいと思うけど。
ちなみに僕が買ったこのユニホームはオーセンティックです。今は無くなってしまいましたが、新宿の明治通沿いにあったワールドスポーツプラザ新宿店で、次のモデルが発売されてセールになっているところを買いました。KAZU11の背番号と胸番号代込みで10000円くらいだったと思う。
2007年10月の現時点でカズが最後に袖を通した日本代表ユニホームですね・・・。
このユニホームを着て出場したハッサン2世杯で中田ヒデからのパスを決めたゴールがカズの日本代表としての最後のゴールです。(あくまで2007年10月時点での話。これからオシムがカズを招集するかもわからんし。というかむしろ祈ってます。)というわけでハッサン1世は知らないけどハッサン2世という人は名前だけはよく覚えています。
一度だけ練習の時に着たけど、東京スタジアム(今の味スタ)でカズにサインもらってからは一度も着てません。
その時のサインが黒のサインペンでちょっと薄かったから、今年の夏に横浜FCの練習を見に行って銀のぶっといサインペンでお腹のところにもう一度サインしてもらいました。
30着くらいあるユニホームコレクションの中で一番のお気に入りです。

More from my site

コメントを残す