祭りの後の清水戦。

いつもより広めの緩衝帯
今日の清水戦は2節前の名古屋戦に雰囲気が似てた。名古屋戦はACL城南戦直後、今日の清水戦はACL決勝直後。ともに激闘を制した次の試合ということで体力面はもちろん、メンタル面でも集中を保つのが難しかったんだとと思う。
いや、僕が集中出来てなかっただけかもしれんが。もうちょっとアジア制覇の余韻に浸っていたいなーって。確かにエスパルスは好調だけども勝てるっしょって油断してた。
席に着くと、エスパルスサポーターとの緩衝帯がいつもより広いことに気がついた。多分アウェイの日本平で両チームのサポーターが揉めたからだな。
で、レッズのアップを見ると相馬がスタメン組でアップしてる。
ということは平川が右か。ネネもいる。もしかして4-4-2?3-6-1?
なんかわくわくしてきた。
結果的には3-5-2のような3-6-1でした。永井1トップ。ロビーがFW気味で長谷部との2シャドー。阿部と啓太のダブルボランチ。ポリバレント阿部ちゃん、ようやく本職ボランチでのプレーです。
立ち上がりはレッズペース。連動したパス回しでサイドを広く使った良い攻撃が続く。
ところが、啓太が接触プレーで負傷退場。代わりに内舘投入。内舘は及第点だったけど、チームの心臓の啓太がいないと全体が元気ないように見える。これもどっちかと言うと僕の見方の問題なんだけども。
連動した良い攻撃が多かったけど、得点の雰囲気はやや感じられない。悪い意味で日本代表みたいだなんて考えてたら、脳梗塞で倒れたオシム監督のことを思い出してちょっとブルーになった。
ハーフタイムでガンバ、鹿島ともに1-0で勝ってるとの情報。
今日の優勝はなさそうだ。優勝はおあずけ、啓太もケガ、オシムも病気、さっきまでポカポカ陽気だったのに木枯らしが吹いて途端に寒い、おまけに日曜だっつーのにお客さんから携帯に仕事の電話が入った。
試合前のワクワク感はどんどんなくなっていった。
久々登場の相馬も動きが固くウラに抜ける思い切った動きが少ない。足下で受けたがったるみたい。時々みせた鋭いドリブルもハーフライン付近が多くて、敵陣深くでの勝負がちょっと足りない。
相馬のプレーは今日のレッズの縮図だったんじゃないかね。もっとも疲れもあっただろうからしょうがないと思うけど。
ということでまたしても0-0でドロー。鹿島は勝っちゃったけど、ガンバは引き分けた。よってもって次節アントラーズに勝てば2連覇が決まります。
1週間空くわけだからビシッっと締めましょーよ。
・・・特にオレ。

コメントを残す