file13:2002-2003年日本代表

西澤選手とは関係ありません
日本中が熱狂した2002年日韓ワールドカップの時の日本代表ユニホーム。これは会社のフットサルチームで揃えたユニホームです。みんな揃ってこのユニホーム着てるとちょっと恥ずかしいんですよね。しかも短パン、ソックスまで揃ってます。

レプリカ仕様とオーセンティック仕様があって、メンバーそれぞれが好きな方を選んで買いました。
ボクはね、そういうの見栄はるほうですから。ええオーセンティックです。オーセンティックはアンダーシャツがくっついていて2重構造になってます。なんかの親善試合で稲本のユニホームが、いとも簡単にビリビリに破けてかなりショッキングだった。草サッカーレベルでもユニホーム掴まれることあるからね。そんでこんなに簡単に破れちゃったらどーすんだよって。
軽量化、軽量化でこんなにヤワになっちゃうならバンバン新しいユニホームに着替えられるプロは良いけど、1万も出して買った素人選手達は泣いちゃうよ。多少重くてもしっかりしたもの作ってほしいって思ったもんです。結局未だに破れずに活躍してますけどね。

背番号が9なのは草サッカーチームで9番付けてるからであって、決して西澤のファンというわけではありません。今思えばなんで11にしなかったのか不思議。

コメントを残す