初豊田スタジアム。名古屋でレッズ!

日本代表もオリンピック組もいない状態の予選リーグ敗退の可能性が高いナビスコカップの試合。しかも試合会場は愛知県。京都の僕の家からはおよそ2時間半。
昨日の土曜はフットサルして日本代表の試合をテレビで(半分寝ながら)見ちゃったので今日は勉強もしなきゃいけないはず。かなーり悩んだ結果・・・やっぱり行きました!ナビスコカップ予選リーグのグランパス戦@豊田スタジアム。

可動式屋根は故障中らしい
朝8時に起きてたまった洗濯物をやっつけて、4時間程勉強。昼飯をかっこんで14時30分頃家を出発。京都駅まではだいたい30分。そこから新幹線で名古屋まで約45分。さらに中央本線、地下鉄、名鉄を乗り継ぐこと約1時間。ようやく豊田市駅到着。駅から歩いて15分くらいのところに豊田スタジアムはあります。
駅からの一本道を歩くと正面に大きな橋が見えてきてすぐに豊田スタジアムが見える。今日僕が色々悩んだ結果試合を見に行くことにした理由の一つはこの豊田スタジアムに来てみたかったから。
豊田スタジアムはワールドカップの開催地にこそならなかったものの、サッカー専用で急勾配の客席はどこに座ってもかなり見易いという噂。
いつもはサイドスタンドのロアーを狙う僕だけども、豊田スタジアムは急勾配っぷりを体感したかったので、ゴール裏自由席チケットを購入。ゴール裏の一番上の席まで登ってみたけど確かに凄い急角度。後ろの席でも見易いわ。ケルンやドルトムントのスタジアムを思い出した。
噂にたがわぬ急斜面
キックオフ45分前くらいにピクシーが姿を現すと、グランパスサポーターから拍手が。人気があるとかいう次元じゃなくて崇拝されてる感じ。かっこいいなあピクシー。僕もレッズのゴール裏で密かに隠れて拍手。
18時30分頃両チームのメンバーがアップに登場。今日は代表やらケガ人やらでいっぱいメンバーが欠けてるけどスタメンを見ると、山岸、坪井、堤、堀之内、山田、内舘、相馬、岡野、永井、エジミウソン、そして達也!
なんか全然問題なさそう。
だけどもベンチを見ると高橋峻希、山田直輝、原口元気とユースの選手が3人も入ってる。藤田や深井といったジョーカー的な存在がいる名古屋のベンチとは随分違う。いやそりゃ高校生トリオにもがんばってほしいし、期待もしてるけど・・・駒不足の感は否めない。
でも、達也が久々に見られるのは嬉しい。はるばる名古屋まで来たもう一つの理由は達也。レッズのオフィシャルサイトでも達也の先発を匂わせるような写真が掲載されてたし、こりゃ行くしかねーって思ったね。
対するホームのグランパスは昨日の代表戦でゴールを決めた玉田やヨンセンを欠くものの、マギヌン、杉本は要注意。巻の弟もネームバリューはある。
19時キックオフ。
開始早々グランパス得意のサイド攻撃から、巻の落しを小川がダイレクトでシュートして名古屋先制。リーグ戦の時もそうだったけど、これだけサイド攻撃が自慢ですって言い切ってるチームにこうもあっさりサイドからやられないでほしい・・・。
ま、切り替えていこうやって思った矢先。マギヌンのクロスを杉本に豪快にヘディングで決められる。これまた敵ながらあっぱれなゴール。こうも綺麗に決まるかねフツー。予選突破するためには勝つしかないレッズはそこからようやく攻撃のリズムが出始める。
32分にいい流れから達也が復活ゴール!
前半を2-0で折り返すのと2-1に追い上げて折り返すのは全然違う!と思った矢先・・。
40分過ぎに小川のクロスを見事なボレーで巻にぶち込まれた。かなり痛い失点。
だけども正直見ていてスカっとしてしまいました。それくらいキレイなゴール。生観戦したゴールの中で10本の指には入るゴールだ。名古屋の3点はいずれもすんばらしい。普通もうちょっと外れるもんだけどなあ。ことごとくゴールになってしまった。
後半からは岡野に代えて、高校生ルーキー高橋峻希登場!岡野はさすがに歳のせいか、攻撃で良いところはほとんどなかった。もともとクロスもそんなに良くないし、運動量も豊富な印象がないからサイドよりもFWが良いと思うんだけどね。
西京極で見た山田直輝は名前くらいは知ってたけど、高橋峻希は名前すら知らんかった。それでもゴール裏サポーターからは「峻希」コールが起こった。スゲエよなあ、ユース選手のファーストネームまで知ってるんだもんな・・ってもしかしたら選手紹介でチェックしただけなのかもしれないけど。
後半はややレッズペース。達也(もしかしたら名古屋の選手が蹴ったかも)のシュートが惜しくもポストに弾かれるもその流れでコーナーからウッチーがゴール!これで2-3。めちゃくちゃ良い試合だ。わざわざ新幹線で来たかいがあるってもんだ。凄くワクワクしたし、これはもしや4-3で勝っちゃったりなんかして、世紀の一戦になるかもしれないなんて期待もした。
ところが、今年はピクシー効果で絶好調のグランパス。すかさずマギヌンに代えて深井投入。嫌な采配だわ。こないだの神戸の監督もそうだったけど、攻撃こそ最大の防御的な作戦。こういう監督が増えるとサッカー人気も上がると思う。がっちり固めて逃げ切るよりも絶対面白いし、結果勝てる可能性も高くなると思うんだよね。
負けじとレッズも攻撃的にいく。まあ負けてるから当たり前だけど。ところが達也の足にトラブル発生。残念ながら途中交代。で代わって入ったのがまたしても高校ルーキーの原口元気。原口、高橋は決定的な仕事はできなかったけど、何度かファールをもらって相手にイエローが出てたし、なかなか期待が持てる感じ。
とはいえ達也がいないのは痛い。その後何故か永井も西澤と交代してしまうとあきらかに迫力不足に。それでもせめてドローを信じて攻めるレッズ。
ところが40分過ぎにグランパスに追加点。ジ・エンド。ナビスコもほぼジ・エンド。僕のレッズ観戦もしばらくお休みとあいなります。
グラン巻200円

コメントを残す