JOMOCUP2008

以前、スカパー!のJリーグ独占放送に対する怒りをブログでぶちまけたけど、ついに僕もスカパー!の軍門に下ってしまいました。
京都じゃテレ玉も入らんから、もうレッズが全然見れなくて・・。
まあ、有料放送じゃ新規ファン開拓ができないけど、既にファンになってる人にとってはありがたいもんですな・・。
ということで、午前中にアンテナ工事完了。
さてさて今節のJリーグを見ましょうか!と思ったら今週はJリーグないのね。JOMOCUPの日でした。
今年からJOMOCUPはいつものオールスターじゃなくてJリーグ選抜対Kリーグ選抜という図式になった。誰が考えたか知らんけど、凄く良いアイデアだよなー。
ヨーロッパでもリーグ対抗戦やってほしい。セリエA選抜対プレミア選抜とか。外国人枠が少なかった頃の代表戦は
「普段敵チームの選手と手を組んでよその国と戦う」
って図式だったのに、多国籍軍のビッグクラブがたくさんできた今日の代表戦は
「よそのリーグでプレーする選手と一緒に、普段味方の選手がいる国の代表と戦う」
試合になっちゃった。相手国に同じチームの選手がたくさんいたりして、なんか仲良しな雰囲気でちょっと燃えないのよね。
国籍がどうかというよりも、普段敵の選手と団結するってところが代表戦の醍醐味だと思うんだよね。ところがサッカーがグローバルになりすぎてて、色んな国のリーグで戦ってる選手をかき集めてチームを作るから「普段敵」じゃなくて「普段は他人」の寄せ集めって感じがするの。日本も俊輔とか松井とかリーグ戦じゃ全然ライバルじゃないでしょ。マリノスや京都にいれば普段は憎たらしいけど、代表じゃ頼りになる!ってことになると思うんだけど。
そういう意味では今日の試合は日頃切磋琢磨しているライバルチームの選手と団結するっていう図式が強く感じられた。しかも相手は韓国だし。
いつものお祭りオールスターじゃなくて、真剣試合。かなり燃える。
これ東京に住んでたら絶対国立まで行ってたわ。
Jリーグ選抜にはチョンテセやキムナミルがいるところもまた良いねえ。彼らが日本人と一緒にKリーグに立ち向かう。面白い!
両チームともFWに外国人が多かったのはアジアのレベルを物語ってるな。
試合は最初はJリーグが押してたけど、だんだんKリーグペースに。FKのこぼれ球を崔成国が押し込んでKリーグが先制して前半は0-1。
後半に入ると山瀬がドリブルで切り込んでPKゲット。ところがこのPKを山瀬が失敗。さらにその後山瀬はトラップミスを取り返そうとしてファール→KリーグFK→CK→失点。という2点目のきっかけまで作ってしまった。気合いは入ってるように見えたけど、今日はついてなかったみたい。そのせいかJリーグ選抜最初の交代選手になった。
さらにその後カウンターから失点。0-3。
闘莉王や小笠原はかなりイラついてるように見えた。小笠原の突破から得たFKから闘莉王が1点返すも、反撃はここまで。
もうちょっと気楽に見れるかと思ったけど、試合が進むにつれ見ていてかなり熱くなった。選手もそうだと思う。イエローカードの数からしても両チームの真剣具合が分かる。
それにしても、もうちょっとベストなメンバーを組めたんじゃないかなあ?来年はよりガチにして勝ってほしい。ポンテとかマルキーニョスとか使って。全員外人でも良いよ。
試合後の選手の表情からもかなり悔しい気持ちが伝わってきた。特に小笠原。今日は小笠原よかったねえ。激しいスライディングがあったりして、めちゃくちゃ熱かった。そう言えば最近代表入ってないけど、奴こそが「普段は憎たらしいけど、代表じゃ頼りになる男」だ。早いとこ代表復帰してほしい。
結果はともかく想像以上に楽しめた。来年は韓国開催らしい。韓国まで見に行こうかな?

More from my site

コメントを残す