J1昇格はプレーオフに持ち越し

京都が最終節ホームゲームでJ1昇格を決めるかもしれないってことなので、劇的な瞬間に立ち会いたくて行って来ました。僕は京都のサポーターではないので、正直言って上がっても上がらなくてもどちらでも良いんだけど、重要な試合にかけるサポーターの熱を感じたいっていうのがきっかけ。
まあJ1に上がれば年に一度はレッズが近所に来ることになるわけだから多少はメリットもあるし。
そんな程度のテンションだったのに今日は朝から雨。チケット引換券は持っていたけどまだお金を払ったわけじゃないから止めちゃおうかとちょっと迷いながらも行って来ました。
土砂降りの中ポンチョをかぶって観戦。
最初の10分は甲府ペース。甲府はとっくに昇格を決めて優勝も決めてる。だから普通はモチベーションはあんまり高くないはずなんだけど、無敗記録を更新中らしくてその記録は途切れさせたくないらしい。
最初は硬かったサンガも徐々にペースを掴む。最近のサンガは全然見てなかったけど、中盤で細かくパスを繋ぐ良いサッカーでした。こんな雨の中よくもまああんなに正確なダイレクトパスを回せるもんだ。
印象に残ったのはDFのバヤリッツァと安藤。
バヤリッツァは1対1がめちゃ強い。安藤はDFと思えないくらいのテクニシャン。
かなり攻撃でも効いていたように思います。
チョンウヨンも目立ってたな。
凄く特色の有るチームでめちゃくちゃ好感が持てたなあ。ここ数年のレッズの試合よりはるかに面白かった。
最初のうちは気楽に見ていたけど、徐々にサンガを応援したくなって興奮して来ました。
甲府のフェルナンジーニョのゴールがオフサイドだった時には思わずガッツポーズしたし、
「ファールだろっ!」
みたいな言葉も思わず口をついて出る程。
ラスト5分はサポーターと一緒になって手を叩いてゴールを祈ったけど届かず・・。
結局スコアレスドローで3位の湘南にまくられて、プレーオフ行きとなってしまいました。
それにしても今日の甲府はなんなんだ。いやいつもの甲府を知らないからよく分からないけど、あんなにディフェンシブなチームなの?それとも京都のパス回しが良かったのかな?
なんだかとにかく負けたくない、無敗記録を伸ばしたいって感じだったなあ。
あるいは京都になんか恨みでもあって昇格させたくなかったのか?
甲府のサポーターもちょっといただけなかったなあ。
この試合で優勝や昇格が決まったならともかく、昇格を逃したチームのホームスタジアムでいつまでも大騒ぎしちゃって。引き分けたくらいでさすがに喜び過ぎだろ、もしかして京都ざまーみろってことか?って思ってたらサンガのサポーターからもブーイングが出てました。
相手への思いやりも必要でしょう。よっぽど嬉しかった試合や因縁の関係とかならまだしも。
酷いっていうほどじゃないけどなんだかなあって感じ。
まあそう思うくらいに京都サンガびいきになった1日でした。
来週のプレーオフも行っちゃおうかなあ。

涙雨になりました

コメントを残す