今季のJリーグのベストゲーム

今年のJリーグは関西のチームが軒並みJ2に武者修行しに行ってしまったので、
レッズ戦を観戦するチャンスは今日が今シーズン最初で最後かもしれません。
税理士試験の勉強もしなきゃいけないんだけど、このチャンスを逃すまいと長居に行って参りました。
今年のレッズは本当に良いサッカーをしてます。
1トップの興梠の加入が大きいですね。あとは梅崎の完全復帰、原口の成長かな。
槙野、那須、森脇と移籍組が並ぶバックラインも攻撃的で素敵。
那須は結構点取ってるし。何より熱いところが好きですね。
そんな那須のチャントが試合前に初披露されました。サポーター中心部の人達が歌い始めて段々周りに伝わって行く感じ。
初めて経験しました。
試合前のアップの時に歌われると、那須も気付いてサポーターに挨拶してくれました。
気のせいかもしれないけど、嬉しそうに森脇に自慢していたような感じもしました。
森脇も良い仕事してるから近いうちチャントが出来るでしょうね。
さて、試合ですが、前半は基本的にレッズがボールを支配。
興梠が今日もいい起点になってくれてます。
・・・が、あまり攻撃に怖さが無い。決定的なシーンはほとんど無い状況が続く。
一方セレッソは攻撃の回数は少ないものの、その少ない攻撃は確実にゴールに迫ってくる怖さがありました。
実際1回バーも叩く。
とはいえレッズ優勢と言える前半だったと思います。
後半も出だしはレッズペースだけど、やはり決定機に至らない。
そんな中、先制点はセレッソ・・・。
槙野の軽率なバックパスのミスを奪われ、最後はオリンピック代表だった杉本がゴール。
またか。またしても勝ちゲームを見れないのか。
かなり落ちました。
先制されたレッズはたまらずケガ明けの原口と梅崎を投入。
これがあたって、原口はメッシばりのドリブルでDF3人をかわしていきなりゴール!同点!
すんごいゴール。いいもん見せてもらいました。
そして、CKからチャントが初披露された那須がゴール!逆点!
那須や森脇がゴール裏に向かって叫ぶ。熱い!カッコイイねー。大好きよこういう人達。
おとなしくて優等生タイプの選手が多かったから最近のレッズのこういう雰囲気大歓迎です。
残り時間も少なく素晴らしい逆転勝利を見られそうだと思ったのも束の間。
残り5分をきったところで、これまたオリンピック代表だった山口に同点にされました。
その後は両チームともなんとか決勝点をもぎ取るべく攻め合う、素晴らしい試合。
これでもう一度レッズが点をとったら最高だったけど、残念ながらドロー。
久しぶりの勝ち試合は見逃したけど、まあ良い試合でした。
レヴィークルピ監督曰く
「今季のJリーグのベストゲーム」
まあレッズファンとしてはちょっと残念な試合だったけど、サッカーファンとしてはその通りかなと思います。

柏木キャプテン

More from my site

コメントを残す