敗因は運だけなのか

チャンピオンシップはあくまでおまけで、今年の真のチャンピオンは広島だと自覚しているけど、
やっぱり勝ち点差9も差をつけたガンバに一発勝負で負けたのは悔しいし情けない。
仮に1st,2ndを優勝しても開催される今のチャンピンシップの仕組みは納得いかないながらも、
1年通じて成績上位だったチームで短期決戦をすると言う考え方は全く理にかなっていないわけではないと思う。
勝ち点差9もつけてガンバよりも強いと主張するには、しっかり一発勝負でも勝つべきだと思う。
直接対決で負けちゃうのであれば、リーグではたまたまそれ以外のチームに上手いこと勝ち星を拾っただけで、本当はガンバの方が上だったとも言える。
最近のレッズがホントに嫌になるのは、ここぞという試合にことごとく負けるから。
散々期待させて、全部裏切るから。
これだったら安定的に中位にいるチームのサポーターのほうが精神衛生上良いのではないか。
でもって監督が言う敗因がいつも「運が悪かった」。
本気で運が悪かったのが敗因だと言うなら、運を持ってくる努力してるのか?
お守り買いに行くとか、百度参りするとか、セルビアでどんなげんかつぎをするのか知らんけど、そういうのをしてるのか。
もちろんそういうことをすれば勝てると言いたいわけじゃないです。
でも運だけが敗因だとしたらそういうところしか頑張りようが無いじゃないか。
負けたのは運だけじゃないでしょ。攻めてるのに、ボールキープしてるのに点が取れないなら、シュートがヘタとかラストパスの精度が低いとか敗因をきちんと分析していっぱい練習しなさいよ。
あー、もうやだ・・・。
勝ったら広島行くつもりだったのに。

コメントを残す