恐るべしジョー

在来線を乗り継いで約2時間半かけて名古屋に到着。
駅前や栄のデパートをぶらぶらして、遅めのお昼を食べて栄から高速バスで豊田市へ。
今日の名古屋は非常に蒸し暑い。にもかかわらずバスの冷房が非常に弱い!多くの人が扇子をパタパタと扇いでいる。
しかも満席で僕ら夫婦は補助席。想像より快適じゃなかったけど、朝が早かったせいもありウトウトしていたら割とすぐに豊田市駅前に着きました。
豊田スタジアムはここからさらに歩いて約15分。猛暑なのでシャトルバスで行くことにしました。
いやー遠いなあ。豊田スタジアムは3度目だけどこんなに遠かったっけ?
移動がつらくかんじるのは暑さのせいもあるんだろうな。
スタジアムの裏手(バックスタンド側)にシャトルバス到着。たくさん屋台がでています。以前来た時に食べたグラン巻を探したけど見つからない。日なた側にも屋台があるようだけど、あまりにも暑いので断念してスタジアムに入りました。

TOYOTAグランパス
今日の席はバックスタンド2階席の前から2列目のほぼ中央というかなりいい席。前日に買ったのに何故かこんなに良い席が余ってました。唯一の難点は転落防止の手すりが視界を遮ること。手前のタッチラインのプレーは前のめりにならないと良く見えません。あとは・・周りの人が9割以上はグランパスファン。当たり前と言えば当たり前だけど、以前ならこの辺の中立地帯にももっとレッズファンがいたように思います。点が入った時に喜びにくいなあ。
試合前にグランパスのPR映像がオーロラビジョンで流れました。・・なんと!BGMがニューヨークハードコアの雄AGNOSTIC FRONTの曲(GOTTA GO)でした。学生の頃大好きだったバンドです。でもかなりインディーズな曲で、レッズがオフスプリングの曲を使うのとは比べ物にならないくらいアンダーグラウンドだ。多分グランパスの広報がハードコア好きなんだろうなあ。

まあ、それはさておき今日対戦する名古屋は5連勝中。
キーパーのランゲラックはオーストラリア人なので、ランゲラックを含めて、ジョー、ガブリエル・シャビエル、エドゥアルド・ネットとスタメンの内4人が外国人。しかもジョーは最近絶好調。
あとは懐かしの玉田もスタメンです。
一方レッズはなんと柏木不在。ケガかな?こちらも外国人ファブリシオは最近調子がいい。
序盤はレッズペース。橋岡が右サイドを深くえぐって興梠にパス。興梠がダイレクトで放ったシュートは惜しくもバーの上。んー・・・確かに簡単なシュートじゃないけど、こういう良い崩しからビシッと決めてほしいなあ。
名古屋はフィールドの外国人3人が非常に効いてる。非常に危ないシーンを何度かしのいで、20分過ぎに興梠のクロスを見事なダイビングヘッドでゴールに流し込んでレッズ先制!流し込んだのは・・・名古屋のDF・・。オウンゴールということもあり、周りがグランパスファンということもありで、あまり喜べず。
とりあえず悪い気分じゃない。がその後も波に乗れないレッズ。名古屋が攻勢を強めてクリアミスのような形からPKを取られる。
PKキッカーはジョー。頼む西川!!
・・お!なんと西川が止めた!
・・が、玉田に詰められてゴールとなりました。残念せっかく止めたのに。
それでもまだ振り出しに戻っただけなので余裕ぶっこいていたのですが甘かったです。前半終了近くにFKからジョーに頭で合わされて逆転されたのを皮切りに、ジョーのワンマンショーになり、結局1-4で負けました。
ジョーのことをよく知らなかったんだけど、元ブラジル代表で2014年W杯にも出てるんですね。すごい選手じゃないか。
ジョーをはじめとして外国人が強烈な名古屋はなんで下位に低迷してたんだろ。

やっぱり強力な外国人って重要ですね。鳥栖のトーレス、神戸のポドルスキー、イニエスタほどのビッグネームじゃなくても良いから良い外国人が来るといいなあ。ま、オーストラリア代表のナバウトが復帰してファブリシオと良い連携を見せてくれたら十分かもしれないけど。
ということで、久しぶりの名古屋(というか豊田)遠征は惨敗でした。帰りはシャトルバスの運行がなくて蒸し暑い中を歩いて帰りました。後ろを歩いていたレッズサポが電話で
「はい、今終わりました。最悪でした」
という言葉が非常に印象的かつ共感を持てました・・・。

ハーフタイムのシャチの群れ

コメントを残す