ママエフの丘

軽く腹ごしらえをしてトラムでスタジアムの方へ向かいます。トラムに乗るとポーランドの若いカップルと一緒になりました。ポーランドは一番FIFAランクが上だったのにどうしたんだろうね(2試合終えた段階ですでに敗退が決まってるから)みたいな話をしている間に終点の駅に着きました。本当はもっとスタジアムに近い駅があるらしいんだけど、今日はセキュリティの関係で手前の駅で降ろされます。
トラムを降りるとHILTON GARDEN INN Volgogradというホテルがあった。ここも満室だったんだけど、直前で空きが出たよと連絡をくれたホテルです。ここは良心的な値段でした。ま、さすがにヒルトンがぼったくりをするわけにいかないか。ホテルをちらっと見るとなんとポーランド代表チームのバスが停まってる!
ワオ・・ポーランド代表はここに泊まるのか。おー、こっちのホテルが良かったかなあ(笑)
いやいや、今のホテルも本当に親切にしてくれるので満足です。
一緒にいたポーランドのカップル(実は男性はドイツ人だった)は興奮してバスの写真を撮ってました。僕らも一応パチリ。
駅を降りるとひたすら一本道を進みます。

トラムを降りて一本道を歩きます
10分くらい歩くと右手にスタジアム、左手にママエフの丘の母なる祖国像が見えてきました。母なる祖国像は超巨大なのでずいぶん遠くからでも確認できます。
右手にスタジアムが見えました
左手にママエフの丘
試合までまだ時間があるのでママエフの丘に観光に行きます。ショートカットをして踏切のない線路を渡る。
どうせ電車なんてほとんど来ないんだろうと思ったら、なんと渡っている時に電車の音が聞こえてきて慌てて渡り終えました。
間一髪
徐行運転だったけどちょっと危なかったな。海外で無茶するのはやめましょう。あ、いや国内でもやめた方がいいか。
線路を渡るとママエフの丘の敷地です。ずいぶん前から母なる祖国像は見えているんだけど、かなり距離がある気がする。でも、ここまで来たら近くまで行ってみたいので炎天下を歩きます。
その先にママエフの丘
とにかく像がデカイ!
途中で見かけるモニュメントもとにかくデカくてなかなか着きません。
大きな階段の脇には戦争のモニュメントがあって、機関銃の音や空爆の音、戦時中のラジオのような声がスピーカーから爆音で流れています。いかにもロシアって感じだなあ。
機関銃の音が鳴り響く
階段を上りきると大きな人工の池。まだ着かない。
まだ着かない・・・
これを越すと第二次世界大戦の戦没者の慰霊堂がありました。
戦没者の慰霊堂
モスクワのクレムリンの脇にあった慰霊碑のような感じで両脇に兵士が直立していて微動だにしません。慰霊堂のスロープを登って建物から出ると、ようやく母なる祖国像の麓です。ここからさらに丘を登っていきます。
奥さんはここでリタイア。もう木陰で休んでるとのこと。僕一人で進みます。こんなに暑くさえなければ、ちょっとしたピクニックって感じの緩やかな上り坂を登っていきます。
神々しい・・・
人と比べるとその大きさが一目瞭然
10分弱登ってようやく像の足元に到着。見晴らしが良くてスタジアムの向こうにはヴォルガ川が見えます。のどかだなー。すっげー暑いけど。
一人だとあんまり楽しくないので早々に退散。奥さんと合流してスタジアムに向かうことにしました。いよいよグループリーグ突破をかけた戦いが始まります!
ピエタ像も大きい!

コメントを残す