ロシアの夏の飲み物クヴァス

戦争博物館からトラムで街中に戻ってしばし街ブラ。それにしても暑い・・
エカテリンブルク同様にここヴォルゴグラードでも、クヴァスのスタンドが人気です。
クヴァスというのは黒パンを発酵させたジュースだそうです。いかにもマズそうなので今日まで飲まずにきたけど、あまりに人気なので僕らも試してみました。

クヴァスのスタンド

200mlで14ルーブル(約25円)。どうやら2種類あるようだけど、何が何だかわからないのでとりあえず一つ頼むとおそらく標準のものと思われるクヴァスをくれました。見た目はコーラをちょっと薄くしたような感じ。もう1つのクヴァスは透明なようです。

味は・・実にうまい!少し酸味があって甘みの少ないコーラって感じですかね。炭酸だからスッキリするし。いやー・・これもっと早く飲んでおくべきだった。モスクワでは見かけなかったけど、この暑いロシアの夏には最高だなあ。
すごく安いし、美味しいし、スッキリするのでオススメです。

クヴァスでスッキリした後はヴォルゴグラード駅へ。昨晩キレイにライトアップしていたけどあまりの疲れで来れなかったので一目見ようってことで。

威風堂々ヴォルゴグラード駅

無料列車でモスクワに戻るサポーターもたくさんいるようだけど、ほぼ丸一日かかるようなので時間に限りのあるサラリーマン旅行者はちょっと採用できませんでした。サポーターでいっぱいになる電車で1日旅するのも面白そうだけど。

駅を後にしてちょっとスーパーでお土産を物色してハンバーガー屋でランチ。
家族経営のハンバーガー屋。スポーツ一家だそうで、愛想が良くて可愛らしい高校生くらいの娘さんは水泳の選手だそうな。

娘さんが出来上がったハンバーガーを持ってきて
「グラブが必要?」
グラブ??なんだそれ?と不思議な顔をしていると、んーちょっと待っててと戻って行ってビニールの手袋を持ってきてくれました。
ああ!そういえばエカテリンブルクでもモスクワでも手袋してハンバーガー食べてる人がいたなあ。
手を汚したくないのか、雑菌のついた手で食べ物を触りたくないのか分からないけどとにかくロシア人はキレイ好きなのね。

ハンバーガーは手袋して食べます

郷に入りては郷に従えということで僕らも手袋をして美味しくいただきました。

コメントを残す